FC2ブログ

冬の訪れ

寒い日が続く。秋の日のある一日。(11/3)

すずめのつがい(親子かも?)が、仲良く肩寄せ合って♡
すずめ

こちらは雪虫。服についていた子をテーブルの上で撮影会。もちろんあとで離してあげたけど。
ゆきむし

秋の色

大分遅くなったけれど、11月の写真。(11/2)
テーマは秋の色。

2019秋の色1 2019秋の色2

2019秋の色3 2019秋の色4

2019秋の色5

横のつながりを作る

地域の子育て、教育に関わる支援者の会〜木ネズミの会の例会があった(10月25日)。今回のテーマは、「健康な心を保つために〜支援者の心構え〜」。

お話しは、高橋美花先生。クリニックでの職員研修会で、たびたびお話しいただく「支援者の心構え」がとてもいい内容なので、地域の方々にも、シェアしようという次第。

20191104075433639.jpeg


何度聞いてもいい話だ。一番響くのは、「自分たちが地域の大切な資源だということを自覚しよう」という下り。困ってい人を助けたいという気持ちは大切だが、頑張りすぎてバーンアウトしてしまっては元も子もない。健康な心を保ち続けるために気をつけるべきことについて、お話ししてもらう。写真のレジメにある通り。

後半話、地域で抱えているケースについて、焦点を絞ってお話しする。医療、保健、教育、保育に関わるもの同士の横のつながり、風通しの良さが何より大切であることを再確認できた。

細々とでもこの回を続けていこうと思う。次回の予定話2月21日金曜日19時から、はるこどもクリニックにて。興味のある方は、ご連絡下さい。

アドラー心理学会総会に参加する

10月18、19、20日と千葉県幕張で行われた、第35回日本アドラー心理学会総会に参加してきた。
仕事の関係で、土日の参加となったが、大変中身の濃い学会であった。

アドラー総会20191

19日の発表の一つ、高知のアドレリアンの「学校経営とアドラー心理学」の演題発表に、指定討論者として登壇してきた。組織運営を「学校」の場にとどめず、一般企業を運営している人間からの発言を加えて、参加者が広く考えられるようにしたいという趣旨の依頼であった。

アドラー総会20192

組織運営の基本は共同体感覚の育成であること、そのために、アドラー育児の考え方を応用し、「めざす組織運営(目標を立てる)」「問いかける組織運営」まかせる組織運営」「参加する組織運営」の4点にまとめて、それぞれクリニックで工夫していることをお話をした。

資料組織運営

そして、「学校」と「一般企業」の違いをお話しし、共通する課題と異なる課題があることを説明し、フロアの皆さんと一緒に考えることができたのではないかと思う。





うれしいプレゼント

今日は、嘱託している通園施設の健診があった。
一通り健診が終わってから、子どもたちがやってきて、カレンダーのプレゼントをしてくれた


ね2ずみ年カレンダー

ありがたくいただく、毎年、子どもたちの制作活動の一環でカレンダーを作り、それをプレゼントしてくれる。
ほのぼのと温かい気持ちになる。ありがたいことだ。
最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム