FC2ブログ

誕生日

うっかり忘れそうであったが、3月22日は誕生日であった。
隣の薬局の薬剤師さんとこの子どもたちが、とってもすてきな絵を贈ってくれた。

birthday.jpg

3人でそれぞれの得意分野を生かして、この絵を描いてくれたという。彼らは開業の時にも素敵な絵を描いてくれた。とても味わい深い絵だ。何よりもありがたいプレゼント。

友人たちからメッセージも届いた。古い友人からもいただいた。ありがたい。人は一人では生きていない。つながりの中ではじめて意味を持つのだと感じられる一日。

51歳、子どもの頃にはとても想像できなかった年齢だ。かつて40を過ぎると人は下り坂だって考えていた。しかし、今、とても元気。50を過ぎてますます若返っている感じがする。

なにより開業したことが大きい。毎日、毎日、やることがいっぱいあって、忙しく暮らしている。時には、アップアップする時もあるが、今を生きているという実感がある。

健康な体があって、仕事があって、ともに働く仲間がいて、そして家族がいる。今が一番幸せな時かもしれない。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム