FC2ブログ

子どもの発達に合わせた対応の仕方

嘱託医をしている通園施設で、保護者向けにお話をした。テーマは、「子どもの発達に合わせた対応の仕方」。



今シーズン2回目となる。事前にいただいたアンケートの中で、いくつかしつけや行動の問題に関する質問があったので、このテーマにした。

アドラー心理学を応用した子育てを基本に、ハンディキャップのある子どもたちにどのような配慮をするかということを加えてお話した。

クリニックから聞きに来てくれたスタッフに尋ねると大変わかりやすい話しであったという。いつも話しているのと少し違った切り口だったのも幸いしたのかもしれない。

しゃべることで私の方も考えが整理された。こういう風に話せる機会をもらえるのは大変ありがたいことだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム