FC2ブログ

仙台で小児科医療を学ぶ

8月21,22日仙台で行われた日本外来小児科学会に参加してきた。

学会1 

外来小児科学会は、医師以外のコメディカルスタッフの参加が多い。講演やセミナー、ワークショップも、コメディカルスタッフの関心に沿った内容の物数多くある。今年は、仙台と比較的近かったので、スタッフ全員で参加することにした。

学会4

今までもただ参加するのではなく、主体的な参加を心掛けてきた。今回は、クリニック保育士が演題を発表した。身内びいきになるが、まとまっていて、内容の濃い、いい発表だったと思う。

テーマは「外来保育で活かせる保育士の力」。医師や看護師などの医療スタッフとは、また違った視点や技術を持った保育士の力を、どうやって小児科外来で活かすことができるのかという内容だ。下のポスターを見てもらえると概略がわかってもらえると思う。

学会2 学会3

さまざまなテーマに分かれた発表やワークショップに、それぞれの職員が参加してきた。学会で学んだことをしっかり持ち帰り、整理して、これからのクリニックでの活動に生かしていきたい。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして

地元で保育士として働きたいと考えて調べているときに、はるこどもクリニックのことを知りました。
ブログも初めて拝見させて頂きました。
小児科医療の現場で保育士が活躍出来る場があるとは思ってもいませんでしたが、このような環境で働けることを羨ましく思います。

上藤城は、私の生まれ育った町です。
近い将来、帰れる日が来るといいです。

ありがとうございます

宮松さん、こんばんは。
ブログを読んでいただきありがとうございます。うちは、子育て支援活動に力を入れています。これから事業がひろがっていくと、関わってもらえる人がたくさん必要になってきます。時が満ち、ご縁がありましたら、ご一緒できるといいですね。
最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム