FC2ブログ

発達障害を学ぶ~事例を通して

高橋実花先生を招いて、発達障害を学ぶ講座の第3回めを行った。今回は前半は講義だが、後半は事例検討会をする。

この間2回ほど障がいについての基礎を学んだ。理屈だけじゃなくて実際を学ぶために、実際の事例について、理解を深め、具体的な対処の仕方を考えるのが目的だ。

事例検討

スタッフが日頃、診療や待合、保育で、気になったケースや困った出来事をピックアップして報告する。今回は4例の事例を検討した。事例に即して、それぞれ似たような事例の経験や今までしてきた働きかけについて積極的に出し合う。実花先生から私ならこう考えるという視点をいただく。それがまた、なるほどその通りだなと思える内容だ。

一方、自分たちがやってきた働きかけや気をつけてきたことがそう的外れでもないということがわかった。自分たちが発達障害に限らず、私たちの子どもや保護者への姿勢が間違っていなかったという事を確認する良い機会となった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム