FC2ブログ

小児科医会

昨日は、函館小児科医会の学習会&新年会であった。
函館、渡島、檜山の小児科医が一堂に集まる会だ。

前半は、「当院における小児CT検査の現状」と題して、地域の基幹病院で行った小児のCT画像をたくさん見せてくれた。なるほど、ここまでわかるのかと昨今の医療技術の進歩には驚くばかりだ。CTもMRIも、機械がよくなって、細かいところまでわかるようになった。

一般小児科の外来で、CT検査をしなければならない病気というのはまれなことではある。けれども、CT検査がこういう病気で有用なのだということを知っていることはとても大切だ。いい勉強になった。

そのあとは、新年会。
他の小児科の先生方と情報の交換をするとても貴重な機会だ。新しいワクチンの話題、はやっている病気の話、検査の適応のこと・・・今のところ、他の先生方のところでも、外来は落ち着いているらしい。昨年秋から年末にかけての新型インフルエンザの流行も、今は小康状態。特に目立った感染症の流行もないらしい。

何人かの先生が開業後の様子を聞いてくれた。
この函館小児科医会のいいところは、みんな仲がいいことだ。ライバルでもあるはずなのに、後進の私を気遣っていろいろとアドバイスもしてくれる。面倒見のよい人たちが多いのだ。一緒に地域の子どもたちのためにやっているという感じがしてとてもうれしい。がんばるエネルギーをもらうことができた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム