FC2ブログ

新たな旅立ちを祝う

この8月、スタッフが一人、うちのクリニックから巣立ち、新たなステップへと挑戦する。今日はその壮行会だった。

たびだち1

うちに来た時に職種転換し、一から修業を始め、この4年間で大きく成長し、もう少し大きな病院で学びたいという希望をもって転職する。ちょうどクリニックの土台作りの時で、細やかな気配りと、ていねいな患者対応で、クリニックの土台作りの一翼を担ってくれた。まだ、研修システムも充分整っていない時で、大変な苦労をしながら一つ一つ技術を身につけていってくれた。お別れするのは、正直なところ、さみしいし、残念ではあるけれど、彼女のステップアップになるのだから、喜びの中で送り出したい。

たびだち2

それぞれのスタッフから贈られた一言ずつは、どれも感動的な内容であった。贈られる彼女の話も良かった。人は出会い、そして別れる。人生は旅のようなものだ。旅の中でうちのクリニックにたどりついて、ほっとし、人と出会い、出来事の中で成長し、また旅立っていく。クリニックがそんな人達の出会いと旅立ちの場になるのであれば、これほどの喜びはないと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム