FC2ブログ

家裁の人と学ぶ

家庭裁判所の調査官の研修会に呼ばれてお話をしてきた。
テーマは「アドラー心理学~生きる力」。

かさい

依頼内容は、前半に講義、後半に事例指導してほしいとのこと。講義の内容に関しては①アドラー心理学の基礎理論~他派との違いを念頭に置いて②事例を理解するうえでの着眼点③具体的な面接技法について④発達障害のある子(大人)へのアプローチ⑤親に子への対応を考えてもらうときの留意点、とちょっと盛りだくさんであった。

日本でのアドラー心理学の第1人者野田俊作氏が、かつて家庭裁判所の嘱託医を務められていたことがあったので、現在でも調査官の中では、アドラー心理学が一定の市民権を得ている。

調査官の間でのアドラー心理学への評判を落とさないように、できればアドラー心理学への興味を広げてもらえるようにと、ちょっと緊張した。アドラー派の考え方は、心理学各派の間でもちょっと独特~個人が精神機能を使うのであって精神機能(たとえば本能)が人を動かすとは考えない、不適切な行動の原因を考えるのではなくて目的を考える、意識と無意識は対立しているのではなくて協力し合っている・・・などなど、初めて聞く人にはちょっと違和感がある。でもそこにアドラー心理学の魅力もある。

今回は講義だけじゃなくて、事例指導(事例検討)もあった。事例を理解する手立てとして、アドラー心理学の方法論が有用であることを理解してもらう絶好のチャンスだ。事例紹介のデータから、ケースのライフスタイルを想像し、今回の行動が対人関係でどのように使われているのかを考える。それに基づいて私の印象を述べる。色々な議論があったが、最後にその後の少年の生活の様子について報告があった。アドラー心理学の知識を動員して読み解いた少年の姿が、そう的外れではなかったのでほっと胸をなでおろす。

アルフレッドアドラーも、たくさんの非行少年のカウンセリングをしていた。だから、家庭裁判所の少年事件に関して、アドラーの方法論はとても有用であると思う。途中で質問もあったが、「再犯を予防できるのか」ということが、書記官のみなさんの一番の関心事だし、一番苦労するところだ。悪いところを取り除くのではなく、学んでないことを学んでもらうという教育的アプローチは、アドラー心理学がもっとも得意とするところだ。

今回の研修会を機会に、アドラーに関心を持つ人が増えてくれるといいなと願う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム