FC2ブログ

子どもの遊びと発達

サポーター養成講座「子どもの遊びと発達」
講師は、当クリニック付属病児保育所はるっこの主任保育士 森田聖子

あそび1

まずは、自分たちが遊ぶこと、講座のはじめに参加者全員で、「おちゃらかほい」「ずいずい ずっころばし」など昔懐かしい遊びをした。なかに「ウィンクキラー」という実に懐かしい遊びがあったのだが、これは子どものころというより、学生時代に流行ったような思い出がある。あまり有名ではないらしくて、知らない人が多かった。
子ども心に戻ってしばし楽しんだ。

まずは、日々の保育の中で大切にしたいことについて、これまでの人との出会いや世田谷のプレイパークあるきんぐクラブのことなど、講師自身の保育の根っこにお話ししてくれた。

病児保育所はるっこの保育で大切にしていることは、
①子どもの気持ちを聴く、誠意を持って答える
②活動の周期の全体を見る
③子どもを観る・・・
 今、何を感じ、何をやろうとしているのか?
 私のお手伝いするところはどこか?
④普段の生活の中で、自分の動作を意識する
これらを実際の保育の現場みられたエピソードを交えて語ってくれた。
 
生き生きと保育を語る聖子さん、この人に病児保育を任せてよかったなあと改めて思う。

最後に、お気に入りの絵本の読み聞かせをしてくれた。

あそび2

クリニックのHPに、参加した方の感想を載せたので、ご参照の程を。
行事報告「子どもの遊びと発達」


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム