FC2ブログ

子どもたちに出会う

今日は、学校医をしている小学校での内科健診だ。
二つの学校で、総勢140名の子どもたちを見る。

午前外来が長引いて、学校に行くのが遅れた。
子どもたちは、保健室の前でしっかり待っていてくれた。
「あ、はる先生だ」声をかけてくれるのがうれしい。

小学校健診
これは、子どもたちの作品。

3年半地元で開業しているとさすがに顔見知りの子どもたちが多くなる。
やや年長の子どもたちとは、久しぶりに出会う。
学校に上がるころから、子どもたちはほとんどかぜをひかなくなる。
慢性疾患で通う子たちをのぞいて、だんだんクリニックで会うことが少なくなってしまう。

久しぶりに見ると、みんな大きく立派になっている。
こうやって大きくなった子どもたちを見るのは、とてもうれしいことだ。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム