FC2ブログ

カウンセリングの技を磨く

15日から17日まで、アドラー心理学の練成講座に参加した。

れんせい

今回の練成講座は、今アドラー心理学コミュニティーで話題になっている新しいカウンセリング技法がテーマであった。3人ひと組になって、お互いにカウンセラー役、クライエント役、記録役になり、自分が実際に困っている問題を出し合って、カウンセリングも模擬練習をする。

自分だけで、カウンセリングをしているとだんだん変なくせがついてしまう。こうして、先生について指導してもらいながら、仲間同士で点検し合う。とてもいいブラッシュアップになった。あらためてアドラー心理学の基礎を学ぶことが大切だと感じる。

今回の練成講座には、アドラー心理学のカウンセリングを新しく学び始めている人がたくさん来ていた。裾野が広がっているということを感じる。講座に参加すると、やはりアドラー心理学はすごいなと思える。そのアドラー心理学を学ぶ人たちが少しずつでも増えていることがうれしい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム