FC2ブログ

はるっこで事例検討会

病児保育所はるっこで、初の事例検討会を行った。保育士さんだけじゃなく、看護師も事務も参加してくれた。外来の待合室でも、親子とのやり取りがあるので、一緒に参加してくれるのはとてもありがたいことだ。

ケース検討

まずは、私たちの子育ての目標を確認しあう。
わたしたちがめざすのは、パセージの1ページ。
子どもたちには、
「自立する」ように、
「社会と調和する」ように
なって欲しいと願う。

それを実現するために、子どもたちには、
「自分には能力がある」
「人々は仲間だ」
と思えるようになってほしい。

だから、はるっこでの保育の指標は、私たちがどんな働きかけをしたら、子どもが「自分には能力がある」と思えるようになるか、「人々は仲間だ」と思えるようになるかだ。

今回の事例は、「預かっている子どもどうしがおもちゃの取り合いをしたとき」に、保育士がした働きかけについてだ。ここは、アドラーの学習会で培ったお家芸のロールプレイをする。A君、B君と保育士Cの役割をもらって、その場面を演じて見る。

はじめに実際に保育の現場で、保育士が働きかけたやり方をしてみる。子ども役の感想を聞いて、上の目標に向かっているか点検する。その後みんなで意見を出し合い、別のやり方を考える。二回目のロールプレイでは、子ども役の人が、思わずあったかい気持ちになったと感嘆の声をあげた。

やっぱりロールプレイは、気づきをたくさん与えてくれる。こうやって、保育士同士、また他の職種も含めて、みんなで話し合い、共通の認識を作って行くことが大切だ。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム