FC2ブログ

久しぶりの親孝行

ふるさと東京を離れて久しい。父、母とも、今川崎に住んでいる。学会などで、東京に行くたびに、年に何回か会う。兄弟からの連絡で、このごろ、父、母ともめっきり歳をとったという。母はまだ元気だが、父はかなり弱ってきたとのこと。

ちょうど、横浜でアドラー心理学のセミナーがあったので、セミナー参加半分、親孝行半分で東京に出かけた。いい機会なので、妻も娘も一緒に行って、東京に住んでいる息子とも合流して、会いに行こうと計画した。

残念ながら、息子は急なシフトが入って、一緒には行けなかったが、親子3人で父母に会いに行く。人数が多いと、それだけにぎやかだ。娘は、スキンシップをしながら、日ごろのあれこれを話している。私だけで会いに行っても、なかなか話は弾まなくて、いつも同じ話の繰り返しになる。嫁や孫、しかも女性がはいるだけでとたんににぎやかになる。ベッドに横になりがちな父も、いい笑顔を見せてくれた。

今回は、ソフトバンクのフォトビジョンなるものを持っていった。なかなかすぐれもののフォトフレームで、常時メールで写真を受け取れるので、こうやって離れていても、こちらの暮らしを伝えることができる。父は、興味深々で、食い入るように見つめていた。母も、今携帯で撮った写真が今そこで見れることに感嘆していた。どうやら、気に入ってくれたらしい。

なかなか会いにいけない、せめてもの罪滅ぼしだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム