FC2ブログ

のびのび講座第8弾

今日は、のびのび講座第8弾「アレルギーの病気」。

気管支喘息とアトピー性皮膚炎を中心に、病気の成り立ちと治療について、そして生活の中で気をつけるべきことについてお話しした。普段外来で話していることだが、あらためて時間をとってじっくりとお話しする。外来の短い時間では、ところどころしかお話しできないので、こうやってまとめてお話しできる機会は貴重だ。

内容は、おおよそクリニックのHPの健康講座に沿っている。

ポイントは、3つ。
まず、原因療法。アレルギーの原因となっているものやアレルギー以外の悪化因子をしっかり把握して、減らせるものは減らし、影響を少なくできるものは上手にコントロールする。

次に、薬物療法、今の状態にあったお薬を見つけ、根気よく続ける。喘息もアトピーも表面的には良くなったように見えても、気管支や皮膚の炎症が続いて、再燃しやすい状態が続くので、途中で治療をやめてしまわないようにする。

そして、心と体を鍛えること。アレルギーの病気は長くかかるので、なにより病気と取り組む前向きの気持ちが大切だ。からだを動かすことは、こころとからだの鍛錬になる。そして家の仕事を通していっぱい勇気づけることだ。

年に1回だけでは足りないかもしれない。できれば、スタッフにも協力してもらって、通年的なアレルギー教室にしていきたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム