FC2ブログ

子育てフォーラム

今日は、厚沢部町で行われた檜山子育てフォーラムに参加して来た。檜山の各町の持ち回りで、お母(父)さん方と先生方で、実行委員会を作って運営する。もう何年も続けているのだからたいしたものだ。

ひやまフォーラム1

午前中にいくつかのコラム(分科会)に分かれ、午後は記念講演という形で行われる。そのコラムの一つを私が担当するのが毎年の恒例になっている。はじめは「不登校相談室」だった。相談だけでは物足りないので、「聞き方教室」&相談室として運営して来た。「聞き方教室」は、パセージの一部を切り取って、体験的に学べるようにしたものだ。当然、導入にアドラー育児の話を入れていた。

今年はさらにバージョンアップして、「意見と事実」のワークをやった。導入部のアドラーの話は、育児より広げて「心理治療」の話にした。「治癒とは、不健康な語りから健康な語りに《語り直す》こと」という話を中心に、いかに健康な語りを作りだすか、その際「意見と事実」に分けることがいかに大事か、ということを話した。

内容は高度なのだが、しっかりスライドを作って、図解入りで話したのと、途中ペアゲームを織り込んだこともあって、とても分かりやすかったという感想をいただたいた。

メインの「意見と事実を分ける」ワークも大変好評であった。ちょっと困った話から、事実を抜き出し、事実に即して、登場人物のパーソナルストレングスを見つけ出す。それだけのことなのだが、それぞれにたくさんの発見があったようだ。3人ひと組で共同作業をしたのもよかったのかもしれない。

ひやまフォーラム2

午後は4人の方が相談に入れられた。いずれも不登校ではなく、子どもの行動に関する相談と自分の癖に関する相談であった。こんなときにもアドラー心理学は、幅広く対応ができ、大きな力を発揮する。アドラー心理学を学んでいてよかったと思えた一日であった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先生、いつも活動的に動いていらっしゃいますね!!
意見と事実を分けるワーク、とても興味があります。当地ではそうした、教育的な学習会のようなものがおこなわれていないことを残念に感じているのです。これは先生がご自身で開発された内容なのですか?
実は私も総会以来、地元で教育講演をしたい、と考えていて、独自の台本など書いてみたものの、周囲に賛同者がいないために、塩漬けになっています・・。先生のワーク、機会あれば是非教えて下さい。

No title

ふにゃこさま
コメントありがとうございます。
このワークは、一部パセージから、一部先輩がやってくれたワークからとりいれたものを組み合わせたものです。(自分で開発できるだけの力はなく、いつも先達者からありがたくいただいています)
東京や大阪に行けば、きっともっとおもしろく学べるワークがあると思いますよ♪
>独自の台本を書いてみたものの、周囲に賛同者がいないために、塩漬けになっています
そうですか。では、まだ食べごろではないのでしょうね。古漬けになっていい味がでるものもあります。みんなのお皿に盛られるのを楽しみにしています。

はる
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム