FC2ブログ

学校医としてかかわる

今日は、校医をしている学校に行ってきた。

短い診察の時間だけでは、なかなか子どもの姿がつかめないので、普段の学校生活での子どもの姿を見てみたいと言ったら、学校側が受け入れてくれた。ちょうどお昼過ぎに行って、昼休みの時間、掃除の時間、そして5時間目保健の授業を見学させてもらった。

子どもたちが実に健康に、生き生きしていた。集団的にもまとまっていて、協力し合っていて、先生の話もよく聞くし、掃除や授業にも積極的に関わっている。校医としてこれからどんな風に関わっていくのか、先生方や養護の先生を交えて、一緒に考えていくことができそうだ。

5時間目の授業は、ちょうど思春期の第二次性徴についてであった。先生が、「大人になるとからだにはどんな変化がおこるでしょう?」と問いかけ、子どもたちが考えて、自分の答えを紙に書き出し、その後全員が発表する。それを交えながら先生が解説していく。なかなか面白い授業であった。先生は、一見ずれているような回答に対しても、解説しながら「これも関連しているね」と子どもたち全員の答えをとりこんでいく。このあたりの手腕は、とても素晴らしいと思った。途中、成長ホルモンについて、私の方に振ってくれて、子どもたちの前でちょこっと解説した。

うれしかったのは、授業の最後に、「はる先生に一言お礼を言いましょう」と指名された子が、「知らなかったことを教えてくれて、図を描いて説明してくれたので、わかりやすかったし、頭に残った」と言うような感想を述べてくれたこと。なんて、素直でかわいい子どもたちなのだろうと思った。

体の仕組み、命の不思議さについて、この子どもたちにもっともっと教えてあげたい。明るく、素直で、エネルギッシュな子どもたちと一緒にいると、こちらの方が元気になってくる気がする。せっかく校医をしているのだから、ぜひもっと濃密にかかわっていきたいものだと思った。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム