FC2ブログ

夏の食事会

今日は、職員さんの送別会兼納涼食事会であった。この度、ご家庭の事情で退職する職員さんがいる。1年たってクリニックも軌道に乗り、これからというときなのに残念だと思う。しかし、それぞれの事情があるので仕方ない。クリニックの船出の大変な時期を支えてくれたという感謝を込めて、感謝状や贈り物を渡すセレモニーとみんなから一言ずつ。

以前からみんなで食事に行きたいねと言っていて、今回はそれも兼ねている。送別会だけど、子どもも参加しているせいか湿っぽくならない。みんなでわいわいと明るく楽しいひと時を過ごした。

あらためて一年を振り返る。たった1年間だけどとても大きな1年だった。よくぞここまでやってこれたという気がする。支えてくれた職員のみなさんがいてこそだとあらためて思った暑い夏の夜であった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵な仕事仲間

私が以前、結婚して福島へいくため会社を退職するときに、とても迷惑そうに上司に文句を言われました。お幸せになんて形すら出てこない上司たちでした。とても困っていたのだと思いますが。。
その後、福島で働き始めましたがすぐに妊娠。切迫体質らしく産科から働くのは危ない。安静に。と言われ、また厭味を言われるのだろうな。。。と思いつつ働けないことを上司に伝えました。人手不足でとても困っていて、寝てるのかな?この人と思うほどでしたが、私をとても気遣ってくれました。

私もはるさんや、福島で出会った上司のように相手の気持ちをくめる人になりたいです。

re素敵な仕事仲間

みゆさん、こんにちは。
こちらはお盆前に、早くも秋の気配です。

> 私もはるさんや、福島で出会った上司のように相手の気持ちをくめる人になりたいです。
そう言っていただけてとってもうれしいです。

今の私がこうあるのは、アドラー心理学を学んだからこそではないかと思います。
自分を勇気づけるすべを手に入れたので、それなりに大変でも、生活を楽しめるようになりました。

自分に余裕があって、はじめて相手の気持ちをくめるようになるのではと思います。
やっぱり修行ですねv-7


最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム