FC2ブログ

子どもを勇気づけて育てる

秋のアドラー心理学講座:ミニ講演とワーク「子どもを勇気づけて育てる」 を行った。
場所は、はるまち館1階のホール。

はじめに、ミニ講演。これは、アドちゃんとラーちゃん(二人合わせて、アドラーお助け隊アド・ラー)の掛け合いで、アドラー育児についてお話をすすめる。途中、子どもが親に反抗するところをロールプレイを入れて、「勇気づけ」のポイントについて解説していく。

ミニ講演1

ポイントの1は「子どもとケンカしない」
ポイントの2は「子どもを尊敬する」
ポイントの3は「子どもと話し合う」

具体的な方法については、パセージの中で学ぶ内容を織り込んでいく。30分という時間で、アドラー育児の基本をお話できたのではないかと思う。ついでに、11月から始まるパセージの宣伝もできたし。

次は、演習。3つのグループに分かれて、勇気づけの子育てを体験してもらう。今回行ったのは、パセージや自助グループでのセッションで、リーダーが使う「ブレイクスルー・クエッションズ」の技法の応用。

ミニ講演2

 ①エピソードを提供してもらい。対話形式で書き出す。
 ②話し手の感情を-5から+5まで聞いて書き出す。
 ③子どもの適切な側面を出し合い、書き出す。
 ④子どもに何を学んでもらいたかったのか?を聞く。
 ⑤それを実現するために、話し手にできることは何かを探す。

3つのグループとも、それぞれ話し手自身が納得できる代替案が出て、それをロールプレイで確かめて終了。グループに分かれて行ったためか、どのグループも大いに話が盛り上がった。短時間ではあったが、勇気づけの育児のエッセンスを伝えることができたのではないかと思う。

こういう取り組みを通して、一緒にアドラー心理学を学ぶ仲間が増えてくれるといいなと思う。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム