FC2ブログ

娘の晴れ姿

お琴歴8年の娘がいる。昨日は地元の会館で小さな演奏会があった。お琴の音色が好きだと言うだけで始めた習い事だ。はじめはいつまで続くのだろうと思っていたが、性にあったのか今の今までこつこつと練習を積み上げてきた。時折の発表会のたびごとに私たち親の目を楽しませてくれた。

昨年くらいから、俄然熱心に練習をするようになった。朝晩一日2回弾くようになり、ここのところは、練習時間がないからと昼休みに自宅に帰ってまで弾くようになった。

なぜこんなに力を入れているのか。娘に言わせれば、自分で建てた人生設計をただコツコツ歩いているだけ。実は、今回を最後の演奏会にする予定らしい。今後は別なところにエネルギーを注ぐので、お琴の発表会には出ないのだという。最後だから余計力が入っている。ちょっともったいないというのは親の欲目か。

演奏会は実にすばらしかった。本人が今まで学んだすべてを出すことができたと言っていたが、確かにその通りだと思う。昨年10月にクリニックで演奏したものと同じ演目とは思えないほど情感がこもっていた。会場が静まり、娘が曲の世界に入っていくのが分かった。やっぱり親の欲目かもしれないけど、まわりの聴衆もひきつけられているように思えた。

この演奏会では毎年恒例で裏方をひきうけている。舞台袖で娘の演奏を聞いていた。舞台袖に戻った娘が涙ぐむ。思わずハグする。役得の父である。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素敵な演奏ありがとうございました!!

昨日、始めてお琴の演奏をなまで聴けました!!(*^_^*)
とても嬉しかったで~す(*^_^*)
素晴らしい演奏でした!!(*^^)v
お陰様で気分上々で過ごせました(*^^)v
ありがとうございましたー(*^_^*)
今度、まんぼうクラブのイベントで是非聴かせて下さいなー(*^_^*)
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム