保健師職能集会でアドラーを語る

保健師職能集会で、「アドラー心理学」の話をしてほしいという依頼があり、今回お話をしてきた。主に保健師さんだったが、看護師さんや助産師さんも来てくださり、参加者は49名を数えた。

3時間という時間をいただいたので、前半にアドラーの理論の話、後半は事例に基づいてお話をした。アドラー心理学の魅力は、理論がすっきりしていてわかりやすいこともあるが、何より現場で有効に働くことにある。

保健師職能集会

二つの事例を取り上げた。一つは、実際に私がカウンセリングした経過をお話した。もう一つは、保健師さんが出会ったケースについて、アドラー心理学ではどのように援助していくのかを解説した。

事例を取り上げるポイントは、「不適切な行動は、所属の危機」であること。どんな危機があるのかをまず抑える。そして、代替となる行動の提案は、「悪いあの人かわいそうな私」から脱却して、「私にできることは何か」を考えること。

たったそれだけのことだけど、こんがらかっているように見えた糸が、どんどんほどけていく。そんな過程を見せることができたのではないかと思う。参加者の反応が実にリアルに伝わってきた。あとで、アンケートを送ってくれるという。

これをきっかけに、今後、保健師さんや地域の援助職が集まる「アドラー心理学を基礎にした事例検討会」ができないかな?と淡い期待を持った。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム