子どもの障害との付き合い方

先日(6/22)嘱託医をうけおっている通園施設で、子育て講演を行った。テーマは、「子どもの障害との付き合い方」。

うみのほし2017-2

毎年恒例の保護者向けのお話の会で、年に2回ある。毎年、保護者に「医師に聞いてみたいこと」というアンケートを取って、それに基づいてお話をするので、的を絞りやすい。1回は障害に関するお話、後の1回は子育てに関するお話になる。

子育てのことは、アドラー心理学があるので自信をもって話せるが、障害のことは必ずしも専門ではない。でも、嘱託医をしているので、「それは専門家に聞いてください」とは言わずに、プライマリーケア医として話せることを話す。幸い、地域療育センターの高橋先生、発達障害者支援センターあおいそらの実花先生に、日頃から教えていただいているので、それに基づいてお話の中身を組み立てることができる。専門家には専門家の語り口もあるが、一般医には一般医の語り口があるだろうと思う。

うみのほし2017-1

おかげさまで、わかりやすかったと好評を得ることができた。それが私の役割なんだなと実感できた日であった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム