FC2ブログ

遅い夏を楽しむ

今年の夏は異常に寒かった。ようやく、庭のひまわりが満開。でも、やっぱり、ひまわりには太陽と青空が良く似合う。
曇りや雨の合間を縫って、ようやく、ひまわりらしい写真が撮れた。
ひまわり2017
スポンサーサイト

歓迎会夏の陣

はるまち館の事業、はるまちキッチンとすてきなクジラに新しいスタッフが参加してくれる。
今日は、クリニックスタッフによる歓迎会、はるまちキッチンの田中さん、すてきなクジラの小川さん、鍵原さんが参加してくれた。
(ほかにも、はるまちキッチンには、小野さん、すてきなクジラには、石川さん、府岡さんが、参加してくれる)

歓迎会2017夏3

歓迎会2017夏2 歓迎会2017夏1

キクちゃんの作ったちらしずし、スタッフの作った栗ぜんざいで、食事をしながら、自己紹介。
自己紹介のテーマは、「人生最後に食べたい食事」。
こうして、なごやかに、にぎやかに、一緒に食事を共にすることが、より関係を近くする。
クリニックとはるまち館と働く場所は違えども、同じことを目指す仲間として、これからも協力協働していきたい。

おみそがもっとおいしくなる

今日は、お味噌のてんちがえの日。
3月に仕込んだお味噌(みんなで味噌作り)に、息を吹き込む作業。

小屋に静置していた味噌樽を運んでくる。作業ははるっこで行った。
味噌のてんちがえ1

ふたを開けると、お味噌のいい香り。ほんとはもう少し「たまり」が上がってくるのが理想らしい。
表面のカビを丁寧に取り除く。
味噌のてんちがえ11 味噌のてんちがえ12

中身はちゃんと熟成している。下から上に、素手でみそをかき出す。
この感触がたまらなく気持ちいい。子どもも熱中する。
味噌のてんちがえ2 味噌のてんちがえ4

しっかり押さえて、空気を抜いて・・・再び塩でふたをする。
味噌のてんちがえ3 味噌のてんちがえ13

これで完了♪空気の入れ替えをして、麹菌が息を吹き返すのだという。
さらに半年ほど熟成させる。もっと、もっと、おいしくなりますように。
小屋に運び込んで、またしばらくおやすみなさ~~い。

こちらは、2年目に入ったお味噌を小袋に入れ替える作業。いい色になっているね。
味噌のてんちがえ

小さな子どもたちは、別室でおままごと。おいしいご飯を食べたかな?
味噌のてんちがえ5

保健師職能集会でアドラーを語る

保健師職能集会で、「アドラー心理学」の話をしてほしいという依頼があり、今回お話をしてきた。主に保健師さんだったが、看護師さんや助産師さんも来てくださり、参加者は49名を数えた。

3時間という時間をいただいたので、前半にアドラーの理論の話、後半は事例に基づいてお話をした。アドラー心理学の魅力は、理論がすっきりしていてわかりやすいこともあるが、何より現場で有効に働くことにある。

保健師職能集会

二つの事例を取り上げた。一つは、実際に私がカウンセリングした経過をお話した。もう一つは、保健師さんが出会ったケースについて、アドラー心理学ではどのように援助していくのかを解説した。

事例を取り上げるポイントは、「不適切な行動は、所属の危機」であること。どんな危機があるのかをまず抑える。そして、代替となる行動の提案は、「悪いあの人かわいそうな私」から脱却して、「私にできることは何か」を考えること。

たったそれだけのことだけど、こんがらかっているように見えた糸が、どんどんほどけていく。そんな過程を見せることができたのではないかと思う。参加者の反応が実にリアルに伝わってきた。あとで、アンケートを送ってくれるという。

これをきっかけに、今後、保健師さんや地域の援助職が集まる「アドラー心理学を基礎にした事例検討会」ができないかな?と淡い期待を持った。




母乳について学ぶその2

母乳学習会、前回の続き。

今回も、模型や人形を使って、ビジュアルな解説が入り、とても分かりやすかった。

母乳学習会201708252 母乳学習会201708251

解説の言葉のはしばしに、うちのクリニックのスタッフらしいトーンを感じる。

「『ミルクを足しましょう』というのではなく、『ミルクに手伝ってもらいましょう』と言うようにしよう」とか。

「周りの人の一言でお母さんが悲しい気持ちで子育てを始めることのないようにしよう」とか。

このクリニックは、スタッフ同士の風通しが良いので、指導は一人で頑張るのではなく、「困ったらいったん退室して、ほかの看護師と相談して、再度気を取り直してお話を続ける」ようにしようとか。

私たちが望む、看護のあり方が、もうすでに実現されているんだなあと、とても心強く感じた。
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム