野に出ようその3

すてきな庭で、すてきな花々に出会う。

オダマキ         ラナンキュラス
野外食1 野外食2

クリーピングタイム   アマドコロかな
野外食3 野外食16

ミズキ          ちょっとおしゃれに
野外食10 野外食12 

ナナカマド
野外食8 野外食11 

アッツザクラ        シロヤマブキかな
野外食16 野外食17

さり気なく手入れされている庭がいいね。
スポンサーサイト

野に出ようその2

川で遊んだあとは、スタッフさんの家で野外ランチ。自然に囲まれたとても素敵な家だ。

お父さん、お母さんが、薪で火を焚いて、フキ入り混ぜご飯、野菜たっぷりのおつゆを作ってくれた。
スモークチーズ、スモークちくわに、鶏のバーベキュー、野菜サラダ、手作りジュース・・・
手間のかかったあったかいもてなしに感謝。
野外食 野外食5

野外食9 野外食6

川遊びの後でも、子どもたちは体力が余っている。
野外食7 野外食4

野外食00 野外食13 

つい童心に帰って、木登りにもチャレンジ。良い眺めだね。
野外食14

野に出よう

職場の仲間に誘われて、川遊びに繰り出した。めざすは七飯のにんにく沢。函館市との境目の川で、自然が豊かに残っている。

まずは、木立の中を散策。上々の天気だ。
川遊び1 川遊び2 

川遊び3

確かに自然に恵まれている。
川遊び4 川遊び5 

川遊び6 川遊び7

川遊び20 川遊び21

雄大な自然の中を歩く。
川遊び8 川遊び11

いよいよ目的の河原に到着。うひや~冷たい。
雪解け水だからかな。子どもたちは元気いっぱい。
川遊び14 川遊び13

河原特有の植物たち、ガマの穂、タネツケバナだね
川遊び15 川遊び16

上流は鮮烈な流れ。みんなで来て良かったね。
川遊び17 川遊び19

春の光の中で

春の光の中で、木々の葉が揺れている。ほんのひと時の間、時間をとめたいと思ったりする。5/17の収穫。

春の庭2016-101 春の庭2016-102

春の庭2016-114 春の庭2016-115

春の庭2016-103 春の庭2016-104

春の庭2016-105 春の庭2016-106

春の庭2016-107 春の庭2016-108
シャクの枝にとまっている虫。隣はムラサキケマン。

春の庭2016-109 春の庭2016-110
カキドオシとクサノオウ、常連さんたちだ。

春の庭2016-111 春の庭2016-112
シャクの花とヒメオドリコソウ

春の庭2016-113 春の庭2016-116
タンポポも満開。抜けるような空。

心豊かに育てる

今年の7月に、札幌で3回目の日本アドラー心理学会の北海道地方会が開かれる。地方会に向けての宣伝の一環で、札幌で講演会を行った。小児科学会で札幌に出向くのでそれに合わせて行う形となった。5月14日のこと。

テーマは「心豊かに育てる~ほめる、しかるをこえて」。場所は、エルプラザ札幌。
札幌講演会

私の講演会に先立ち、ミニ講座「子どもの話を聴く」を行った。寸劇を交えて、ポイントを解説する。30分ほどのミニ講座で、アドラー育児基本的な考え方と具体的な方法論の一つ「聴き方」のお話をした。具体的な事例に基づいて、解説していくのでとてもわかりやすい。

七飯アドラー心理学研究会のメンバーで、解説する人、母親役、子ども役、ポイントを書いたメッセージボードめくり役とみんなで分担し、協力して行った。
すんげき

真に迫った演劇で、見てわかる、取りつきやすいものになったと思う。

講演は、パセージの内容を解説したもの。事前にミニ講座で、「勇気づけの子育て」について解説されていたので、とても話しやすかった。子育ての目標が大切であること、それは行動面では「自立すること」「社会と調和すること」だし、心理面では「人々は仲間だ」「自分には能力がある」と思えるようになること。そのために、ほめるしかるを超えて、「勇気づけの子育て」を行う必要がある。そして、勇気づけの子育てを、「といかける育児」「まかせる育児」「参加する育児」の3つの視点から解説した。なるべく具体的な話しするために、この間のパセージフォローの会で出された事例を基に説明した。

おかげさまで、具体的でわかりやすいと参加した方には好評であったようだ。このような機会を通して、アドラー育児の考え方、さらにアドラー心理学そのものの魅力が広がっていくとうれしい限りだ。
最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム