FC2ブログ

アートセラピー「光と影」

七飯アドラー心理学研究所主催で、「ライフスタイル診断ワーク~アートセラピー」を行った。

私たちの古くからのアドラー仲間の北風洋子氏を招いて、アドラー心理学を学び・感じる講座。今日が七飯町(はるこどもクリニック)で、明日は上ノ国町(新村交流館)でと、二日連続のワークだ。アートセラピーは、私もあまり経験が無く、ドキドキ、ワクワクしながらの参加であった。

今日のテーマは、「光と影」。まずは、最近のちょっと困った出来事、感情がはいった出来事を書き出す。そして、黒と紫の2枚の色から、自分の描く画用紙を選び、。エピソードをゆっくり眺めて、自分のネガティブなところ、ちょっと嫌だと思うところを考え、それを絵に描く。今度は、白い画用紙に、自分のポジティブなところ、もっと伸ばしたいと思うところを考え、それを絵に描く。そして、いろんな色の画用紙から自分の好きな色を選び、1枚目と2枚目を統合したらどうなるかを考えて、それを絵を描く。

アート1 アート2

描き終わったら、しばし、自分の描いた3つの絵を眺めながら、気付いたことを最初のエピソードの紙に書いていく。最後に、一人ひとり前に出て、エピソードと絵をみんなに説明する。それぞれの物語が、とても個性豊かで、実に面白い。

アート6

↑これは私の作品。ネガティブなところの絵ととポジティブなところの絵をじっくり眺めていたら、なぜか実った稲のイメージが出てきた。それを素直に絵にしてみた。

今回のワークは、「頭で考えるのではなく、お腹のあたりで考えるワークだ」と言える。とても新鮮な経験だった。目の前に普段と違う風景が広がった感じだ。
スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム