FC2ブログ

野田先生をお招きして(つづき)

記念講演会の午後は、日本アドラー心理学会第1回北海道地方会を開催した。テーマは、「他者を勇気づけて生きる」。勇気づけをまなぶためのワークショップを行った。参加者は、全部で18名。指導者の野田先生にも、スーパーバイザーとして臨席していただいた。

地方会4

アイスブレークから始まり、聞き方のコツを少し実習したあと、グループワークを行う。参加者からちょっと困った事例をもらい、エピソードを取り出し、事実と意見に分け、パーソナルストレンクスを出し合い、あらためてエピソードを見直す。それだけで、思い込みから解放され、課題へ向き合う姿勢が変化する。ある意味、不思議な体験とも言える。

地方会5

地方会なので、アドラー心理学の理論と思想と技術をしっかり学べること、そして、参加者同士が協力して問題を解決する体験を通して、会員同士の繋がりを深めることが目的だ。アドラーの集まりは、いつでも『共同体感覚』の実験場であるべきだと思う。幸いなことに、参加者から好評を得ることができた。

今回の講演会と地方会を支えてくれた人たち。これからも、どうぞよろしくお願いします。

地方会3

野田先生をお招きして

クリニック開院5周年と日本アドラー心理学会北海道地方区発足を記念しての講演会を行った。講師は、日本アドラー心理学会認定指導者の野田俊作氏。テーマは「よい人間関係とは」。会場にいっぱいの参加者で、みんな熱心に聞いてくれた。

地方会1 地方会2

講演の内容は、アドラー心理学の理論と実践のあり方を大変わかりやすく説明してくれるものであった。先にキーワードを白板に書いてもらって、その一つ一つを説明していく。

しん 基本的信頼関係
せつ 限界の設定
ゆう 勇気づけ
せん 選択肢を与える
たい 体験から学ぶ
りょく 協力
じ   自尊心
ぞく  所属

アドラー心理学は、はるこどもクリニックの原点といえるものだ。アドラー心理学のものの見方、考え方を軸に、毎日の診療や子育てに関わる様々な相談、そしてクリニック全体の運営を行ってきている。まさに、会員5周年の記念にふさわしい内容であった。

野田先生に出会い、アドラー心理学の理論と思想を教えていただいたことが、私たちの生き方を大きく変えた。アドラー心理学に出会えなければ、クリニックの開院もなかったし、たとえあったとしてもずっと違ったものとなっていたものと思う。

そして、この間の北海道でのアドラー心理学の地道な実践が、昨年の北海道地方会発足につながっていて、今日は、その記念すべき第1回の地方会開催の日でもあった。

この機会に、私たちの恩師の野田俊作先生をお招きして、講演会を開催することができたのは、とてもありがたく、うれしいことであった。

5周年を迎えて

9月15日をもって、無事にクリニック開設5周年を迎えることができた。地域の様々な方に支えてもらったおかげだとつくづく思う。

15日は休日だったので、昨日、一日遅れではあるが、来院された方々に紅白のお餅を配った。お餅とは別に、この間撮りためた私の写真をポストカードにして配った。
5周年5

お餅は先着100名に限定したので、昨日あらかた配り終えてしまった。ポストカードはまだ余分に印刷しているので、しばらく配布するつまりだ。一応先着順にしている、と言っても病気にならなければなかなか来ることもないのだろうけど。
5周年2 5周年02 

5周年1 5周年3

お祝いのお花もいただいた。
5周年01

5年というのは短いようでいて長い。思い返すと、山あり谷あり、本当にいろいろなことがあったなと思う。自分の手で一つの事業をおこし、経営に責任を持つというのは本当に貴重な体験であった。ある意味人生観が変わったともいえる。まだまだ基礎固めができたばかりだ。初心を忘れず、引き続き精進して行こうと思う。

岡山でグループ運営を学ぶ

お休みをいただき、アドラー心理学の練成講座に参加してきた。二泊三日の合宿研修会。朝9時から夜9時までたっぷり学ぶ。

場所は岡山の児島、遠いので前後泊をする。東京から新幹線で行く。瀬戸内に沈む夕陽が美しい。



今回のテーマは、アドラー心理学の技法の一つ、エピソード分析をグループで行う方法を学ぶ。

エピソード分析の開発者野田俊作氏の指導のもと、実際にグループに分かれて、実習する。日常に出会うちょっと困った出来事からエピソードを取り出し、理論に基づいて分析し、問題解決をはかる。

同じような出来事でも、人によって感じ方が全く違う。どんな風に感じ、どんな風に悩み、どんな風に解決しようとしているのか?一人として同じパターンはない。ていねいに話を聞いてその人の世界に少し近づくのだが、その聞き方にコツがある。

複雑に思えた事例も、今回のアルゴリズムを使って順々に話していくと、まるで絡んだ糸がするするととけて行くように解決していく。

アドラー心理学の素敵さをまた実感した。

初秋の裏庭

もうすっかり秋気配。どんどん涼しくなって行く。クリニックの裏に可愛らしい花が咲いている。はるっこで預かっている子どもたちにも、きれいだねって好評らしい。

花に詳しいスタッフの話では、ゲンノショウコではないかという。調べて見た。確かにゲンノショウコだ。民家薬としては有名だよね。こんな可愛い花なんだ。

初秋5 初秋2

こちらは、クロホウヅキ。これは前述のスタッフがクリニックの裏に植えてくれたもの。花はもう先に咲いていて(右の写真)、これは、咲いた後の実。まさにホウヅキだよね。
初秋1 fc2blog_201409121410385c9.jpg

こちらは何のつぼみかな?咲くのが楽しみ。右の花は、野菊の一種?
初秋3 初秋4

ふと見ると大きなクモが、葉っぱの裏に・・・ちょっとドキッ。隣はミズヒキ。きれいだね。
初秋7 初秋6 
最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム