FC2ブログ

冬枯れの散歩道

久しぶりの連休でゆっくり体を休めた。今年は冬が遅い。いつもの散歩道を歩く。すっかり冬枯れている。陽が低いので、陰影がくっきりと浮かび上がる。写真を撮るにはとても良い日和であった。

冬の散歩道1 冬の散歩道2 冬の散歩道3 冬の散歩道4

冬の散歩道5 冬の散歩道6 冬の散歩道7 冬の散歩道8

冬の散歩道9 冬の散歩道10 冬の散歩道11 冬の散歩道12

冬の散歩道13 冬の散歩道14 冬の散歩道15 冬の散歩道16

冬の散歩道17 冬の散歩道18 冬の散歩道19 冬の散歩道25

冬の散歩道21 冬の散歩道22 冬の散歩道23 冬の散歩道24
 
 
おまけは我が家の裏にいたキジ、驚いて飛び立ったところをとらえた。
冬の散歩道20 

知内で五歳児健診に参加する

今日は知内町の五歳児健診であった。

みんなとても元気な4、5歳児ばかり。まずは集団での自由遊び、そして保育士が入っての設定保育~絵本の読み聞かせからお面の製作、そして劇遊びを見る。子ども同士の関わり、集中のしかた、指示への対応、運動能力、器用さなどを観察する。子どもの発達の状況が一番わかるところだ。

その後、設定された問診と運動機能のチェックをして診察だ。診察でわかることはそう多くない。大きな病気に関してはすでに病院にかかっていることが多いし、発達上の問題は、診察室での1対1での対応では表面化しないことが多いからだ。

病気や体についての相談に答える。時々生活上の悩みも話される。兄弟との関わりや生活習慣、性格上の悩みなど。ここが一番楽しいところだ。アドラー心理学の理論を当てはめると大概の問題は解決する。基本的にお母さんを勇気づけながら話すので、笑顔になって出て行くお母さんが多い。

その後、保健師さん、栄養士さん、支援学級の先生との相談があって終了。最後にスタッフ全員でカンファレンス。気になる子どもをピックアップしてフォローの方針を決める。他のスタッフのそれぞれの視点から見た見方がとても勉強になる。園での普段の生活や家庭の状況などから幅広く子どもの発達を把握することができる。

時間も人も豊富に使って、充実した健診となっている。知内町の子どもたちは、幸せだ

保健センターにはいつも花が飾ってある。心が和むひと時だ。
知内

東京で最新の医療情報を学ぶ

東京で、"Symposium for pediatrics"という催しに参加してきた。
東京1

ワクチン、食物アレルギー、母乳、長引く咳への対応、粉塵、喘息治療など、小児科領域における最新情報の講演を聞かせてもらった。すぐ明日からの診療に役に立つ話ばかりであった。

たまたま今回は都合がついて参加することができた。都会ではこういう催しはよく開かれているのであろう。七飯から参加するには時間とお金がかかるので気楽に参加することは難しい。それだけ身を入れて聞くことができるとも言える。

東京は紅葉が見頃であった。宿から会場への行き帰り、遠回りをして自然の中を歩く。大都会東京にも結構人を癒す自然があるものだということがわかった。
東京1

子育てサポーター養成最終回

今年度の子育てサポーター養成講座の最終回「子どもの病気と看護」

始まるころには、あたりはすっかり暗くなる。季節がめぐったのを感じる。夜空には穏やかな顔をしたお月さまが・・・。
IMG_8952.jpg

恒例となった始まりのゲーム。
20131114180159(3).jpg

講義の担当は当クリニック看護スタッフ。準備万端で臨んだのに、当日担当看護師二人が体調不良で欠席のアクシデント。休んだ二人の分を補って残った二人でしっかり講義してくれた。看護スタッフのチームワークの良さに感動。
IMG_8973 - コピー

内容は~
○発達障害の対応と支援
○熱が出たとき
○クーリングの実際
○熱性けいれんへの対応
○嘔吐と下痢について
○消化の良い食べ物
○汚物の処理の仕方

講義だけじゃなく、紙芝居もあり
20131114180544(3).jpg IMG_8978.jpg

クーリングの実際には、キューピーのコハナちゃんも活躍♪
20131114180544(4).jpg

こちらは、経口補水液の試飲~おいしいかな?
IMG_8986.jpg

今回の目玉の実験コーナー。焼いたトーストは本当に消化によいのか?生のトーストと、焼いたトーストをゆるま湯につける。果たして、本当にくずれ方に差が出るのか?
20131114185537(3).jpg

感想にもあったが、「知識のままでなく、どう実践したらよいかを伝えてくれる優しい内容」であった。今回のような実践的な内容こそが、看護師の役割と言えるのだろう。医学的な知識をしっかり学び、それをかみくだいて、いかにわかりやすく、かつすぐに実践できる形にして伝えるのか?そこに『看護』の神髄があるのだと思う。うちの看護師の水準は高い。

楽しく学んできたサポーター養成講座も、今回が最終回。みんなで修了証をもらって、喜びのポーズ。
IMG_9007.jpg

とてもいい夜になった。









雪とシジュウカラともみじと

雪の朝にシジュウカラがやってきた。
白い雪に、シジュウカラの文様がよく映える。
しじゅうから1 しじゅうから2
(雪をバックに撮るのは難しかった)

もみじの赤も、雪によく映える。
雪見1 雪見2

遅かった冬を取り戻すように、盛んに雪が降っている。
大雪
最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム