FC2ブログ

少しずつ名前を覚える

身近にある雑草の名前が気になる。図鑑を引いたり、インターネットを見たり。
少しずつ名前がわかっていく。

ざっそう5 ざっそう4
左はナガハグサ、右がわからない。

ざっそう2 ざっそう3
こちらはブタナ別名タンポポモドキ、右はもうちょっと調べる。

ざっそう7 ざっそう9
クサノオウとマーガレット

ざっそう10 ざっそう12
キバナコスモスにドクダミ

ざっそう8 ざっそう15
キュウリの花、右はわからない。

ざっそう14 ざっそう13
うちの庭のタカネノバラとスイカズラ

ざっそう1 ざっそう6
これは桑の実と右は調査中 ^_^


スポンサーサイト



アレルギーの病気

子育て講座のびのび「アレルギーの病気」でお話した。

arerugi-

アレルギーとは何かから話し始め、子どもたちの生活がアレルギーの病気の増加と関係があること、アトピー性皮膚炎と気管支喘息について、その原因と治療、家での対処の仕方などについてお話する。

アレルギーの病気の治療は、ただ薬を渡しただけでは済まない。薬の上手な使いかたや食事の注意、環境調整、運動のことなど、丁寧な療養指導が必要な病気だ。外来での短い時間では十分説明しきれないので、こうやって集まってもらって、じっくり聞いてもらい、質問に答えて行くという場が必要だ。

アレルギーは長くかかる病気でもある。親も子も腰を据えて病気と向き合っていかなければならない。治療に取り組むための前向きな意欲は、一つには病気に対する正確な知識、一つには医療者との良好な関係から生まれてくるものと思う。診察室から出て、地域と人たちと関わるこういう機会がとても貴重だ。
最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム