FC2ブログ

小さな看護婦さん

吸入をかけている弟を一生懸命に介助するお姉ちゃん。
スタッフが、紙でナースキャップを作ってくれた。
実にお似合い。しっかり面倒見てあげてね。
将来が楽しみだね。

小さな看護婦さん

よい人間関係とは?

サポーター養成講座、特別講座「アドラー心理学を学ぶ~良い人間関係とは」
講師は、日本アドラー心理学会認定カウンセラー、心療内科医師、大竹優子氏。

34人の参加があった。最初にブレインストーミングのゲームをする。みんながすっかり和んだところでお話が始まる。

よい人間関係2

人は誰でも、良い人間関係を作りたいと願っている。でも実生活上ではいろんな出来事があってなかなかうまくいかない。「参加した皆さんは。良い人間関係を作りたいと思って参加しているんですね」と、目標の一致をしてからお話しが始まった。

はじめての方が半数の中、ゆっくりと、ていねいにお話が進んで行く。

まずは、アドラー心理学で考える人間関係は2つであること。それは『縦の関係』と『横の関係』の人間関係で、アドラー心理学では『横の関係』の人間関係を作ることを勧めているということ。

そして、良い人間関係=横の関係を作るためのポイントは4つあること。
1.見直し(相互尊敬)
2.信じ合い(相互信頼)
3.助け合い(協力)
4.行き先を決める(目標の一致)

1から4までのそれぞれについて、具体的な対話例をもとに、二人組で話し役と聞き役になってロールプレイをする。実際に言われた身になって、尊敬すること、信頼すること、協力すること、目標を一致することを実感しながら、理解を深めていく。

一つ一つの対話例に説明がつき、そこに出てくる「開いた質問と閉じた質問」、「レポートとエピソード」、「勇気づけ」、「共同体感覚」、「パーソナルストレングス」などへと話が行く。

この構成が実に美しい。横の人間関係を縦軸にして、対話例を出しながら、アドラー心理学のキー概念を織り交ぜていく。午前の最後は、パーソナルストレングスを出し合うワークでしめくくる。

午後のはじまり、アルフレッド・アドラーについて、彼が生きた時代背景とともに語る。アドラーは、激動の時代に生きた。貧困や戦争、民族差別を体験する中で、どのような思いで、人と人との良い人間関係を大切にしようとしたのかということが伝ってくるお話しであった。

そして、エピソードを聞くワーク。

よい人間関係1

まずは、グループに分かれる。最近あったちょっと困ったことをシェアしあう。一人の方に語り役になってもらい、エピソードを聞いていく。ゆっくりていねいに聞いて、文章に書き取って、意見と事実に分ける。事実の中から、語ってくれた人と相手役のパーソナルストレングスをみんなで出し合う。

これだけのワークであるが、語った人はそれぞれに考えを整理され、グループの共同作業を通じ、みんなを仲間だと感じ、自分には能力があると感じられたのではないだろうか。初めての人が半分であったにもかかわらず、みんな前向きに参加し、生き生きと語り合っていたのが印象的であった。

少し感想を載せる。
○一つ一つ階段を昇るように、ていねいに説明していただき、ありがとうございました。ワークも体験できて講義をきくだけでは気づけない事がたくさん学べたと思います。~人は一人一人違う事を実感して帰ることができます。
●今までパセージやワークに出ていますが、すっかり忘れてしまっていることが多かったです。相手をまずは自分から尊敬すること、最初(初対面)の時は尊敬をもって接していても相手の反応などを見るうちに自分とは“合わない”と思い怒りが湧いてくることもあります。相手は“自分とは違う”と頭において、接していければと思います。感情的に拒否になっている時でどうしても接しなければならない時はどうすればよいのか悩みますが・・・今日はありがとうございました。
○今日イライラが多い日でした(夫さんに)。講演を聞いているうちに少しずつ頭の中が整理されていき、後のエピソードの勉強をしている時に、先生が違う方のですがアドバイスを聞いているうちに、イライラをぶつけるだけでなく、違う方法はないものかと考えてみてようと思いました。今日の講演に参加を許してくれた夫さんに感謝できました。先生ありがとうございました。
●初めての参加でしたが、大変勉強になりました。頭では解っていても実践には努力を要することばかりですが、少しでもおだやかな人間関係を作るために心がけようと思いました。また仕事においても役立つ事柄が沢山ありました。“接遇”にも共通する部分があるように思うアドラー心理学を今後より深く学びたいと思います。
○「よい人間関係」という言葉に興味を持ち参加させていただきました。子育て、夫、職場にと周りが幸せになれるよう今回の講義を生かしていこうと思います。最後は子育ての参考になる具体的なフォローもしていただき、ありがとうございました。先生もやわらかい雰囲気の方で素直に聞き入ることが出来ました。
●人を幸せにする人間関係を作ろうとするには、まずは自分が幸せでないと人の話を聴けないことがわかりました。今相手の話を聴いているようで理解できないのは、自分自身に自信を持てない為、その耳がないんだと思いました。日々自分の行った事を振り返り、できた事(少しでも)自分をほめて勇気づけしてあげたくなりました。自分のためと相手のためにも。
○たわいもないエピソードの中にもたくさんのヒントがいっぱい詰まっているんですね。自分の体験をもとに話すのは少々恥ずかしかったですが、とても勉強になりました。遠くからのわざわざ来て頂いてお疲れさまでした。ありがとうございました。とっても分かりやすかったです。
●大竹先生。今日はありがとうございました。先生はすらっとしてすっとしていてとてもステキでした。私はやっぱりワークが大好きでした。何度やっても何度もやりたくなります。はじめての方も「話すって難しいー」と言いながら一生懸命に話してくれていて嬉しかったです。一人でも多くの仲間が増えるといいなと思いました。今日は本当にありがとうございました。

子育てに生かすソーシャルワーク

サポーター養成講座第2回「子どもの福祉~子育てに生かすソーシャルワーク」
第2回目の講座は、これも恒例となった野村俊幸氏の講演。

のむら1

野村さんは、不登校の子どもの親としての自らの体験から出発して、社会福祉士・精神保健福祉士として不登校・引きこもり・若者の就労支援などの市民活動に幅広く携っている人だ。その経験を生かし、福祉的な視点から子育てについて語ってもらう。医療・保健的な視点とは少し違った切り口からの話がとても新鮮だ。

野村さんの個人的な子育ての体験(不登校の親としてどんなふうに子どもたちに向き合ったか)から語りはじめ、「ケースワークの原則(バイステックの7原則)」をその実践にひきつけて説明していくので、とても身近でわかりやすい話になる。医療・保健と福祉とでは、出発点が違っているのだが、人との関わり方に関しては結局は同じような視点になるという所が面白いところだ。

最後は、みんなの期待にそむかず、十八番の「終着駅は始発駅」を歌ってくれた。相変わらず、いいのどをしている。

のむら2

少し感想を載せる。
○子育てをしていて親としてこうするべき、こうしたほうが良いと思う場面が多いですが、先生がおっしゃった「いろんな道がある」と思えば気持ちが楽になりました。近くに先生のような方がいると思うともっと気持ちが楽になりました。ありがとうございました。
○今まで携わったこともなく、身近にいなかったことで初めて聞くお話でしたが、自分の子育てにも参考にできることが沢山でした。まだまだ未熟ですが、自分も子ども・家族だけではない誰かのためになれるようもっと勉強していきたいと思いました。野村先生の♪終着駅♪も素敵でしたが、もっと聞いてみたいと思いました!
○今日はありがとうございました。不登校やいじめについて、あまり関わったことがなかったので学ぶことが多く、まだまだ理解が不十分だと思うので、これからも学びの場を多く持ちたいと思いました。ソーシャルワークの原則、これから働くうえで忘れずに心にとめていきたいと思いました。
○お話をききながらいろんなことを考え、思い出してしました。いやなこと、たのしくてすきなこと、マイナスなこともプラスなことも、生きていくのに全部大切で必要なことだと思っています。中学時代の女子の仲間外れ、無視をするだとかいやだったこともあったけど、でもそれも今の私がいるのに必要だったことだと思っています。この思いを生かせる時がきっとあるともいます。お話をきけて良かったです。ありがとうございました。

ランチに集う

日頃の感謝をこめて、皆をランチに招待した。七飯のちょっとお気に入りのレストラン。このところ忙しい日々が続いていたし、ここらでちょっと息抜きを。気候も良く爽やかな日射しの中で、みんなでランチの卓を囲む。たくさんのおしゃべりと、にぎやかな笑い声と、おいしい料理で、とてもいい時間を過ごした。なによりみんなの幸せそうな顔を見れたことがうれしかった。

食事会

食事会

山に分け入る

足に少し自信がついたので、我が家の裏山に分け入ることにした。水無沢川から城岱に抜ける山道だ。水が流れた跡があって、がれきが重なり、実に歩きづらい。時間が結構かかったので、途中で引き返すことにした。

それでも、いっぱい収穫があった。

日に透けて緑がきれいだ。
山に入る5

ちょうど、木々に花が付き始めたところ。ずっと上のほうにあって、見逃すところだった。
トチノキとホウノキ、手のひらにあるのはトチノキの花穂。今回初めて知った。
山に入る10 山に入る9 山に入る11

可憐な花々にも出会う。これらも名前を調べてみようと思う。
山に入る7 山に入る8 山に入る12 
山に入る14 山に入る2 山に入る4
山に入る6 

鳥たちも歓迎してくれた。
この間覚えたばかりのコムクドリとモズだ。
とり1 とり2


こちらはモンシロチョウだね。
山に入る13

山の気をもらって、ずいぶん元気になった。
最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム