FC2ブログ

あやとり

恒例の職員学習会、今回のテーマは、なんと「あやとり」。
これは、病児保育所研究大会のシェアリングなのだ。

あやとり1

たかがあやとり、されどあやとり。あやとりには深い文化的な背景がある。それはさておき、純粋にあやとりを楽しむ。特に今回は、いかに子どもをまきこんで一緒に楽しむのか?そのコツの伝授に重点がある。あやとりひもに託していろんなイメージを表現しながらひきつけていく。

「森の中におおきな湖がありました… 湖をのぞくと、そこには、変な顔の怪獣が住んでいました~Σ( ̄。 ̄ノ)ノ…」

すっかり大道芸人の気分。あやとりひもを使っての「表現遊び」とも言える。

あやとり2

目からうろこが落ちたのは、二人あやとりをどうやって教えるのか。一人の片手と別の一人の片手で始めて、それをそれぞれの別の手で取る。この写真のように

あやとり3

これだけのことなのに、あやとりの伝授がぐっと楽になる。教える場面だけじゃなくて、こうやって二人で遊こと自体がとても盛り上がる。わいわい楽しくやりながら、協力を学ぶことにもなるのが実に素晴らしい。


スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム