fc2ブログ

救急研修会に参加する

医師会主催の小児救急研修会があった。他科の医師やコメディカルスタッフ、救急隊などの関係者に開かれた研修会だ。

ちょうど病児保育所を開設するところで、子どもの救急に対するスタッフの関心が高まっている。スタッフに参加を呼びかけたところ、保育士、看護師に加えて事務スタッフも参加を希望してくれた。

受付スタッフは、最初に患者さんと接する。子どもの様子を見て緊急性を判断し、医師や看護師にすばやく伝えるという役割がある。そのことを自覚して、自発的に参加してくれるところがとてもうれしい。

研修会前に、記念撮影。
救急研修

よく見る急性疾患から、救急病院ならではのケースまで、実に豊富な内容の講習会であった。たくさんの症例を見せてもらい、救急に対する認識を新たにした。緊急性の判断は常に実践していることではあるが、あらためて、気を引き締めて日々の診療をしようと思った。

バラと雪

今日は勤労感謝の日。
朝からとてもいい天気だ。
ちょっと早めの大掃除。
窓から景色をながめてくつろぐ。
我が家の四季咲きのバラが、雪景色に映えて美しい。

ばらとゆき

めざめたら雪景色

目覚めたら、一面雪景色変わっていた。
毎年、このドラマチックな転換に感激する。

ゆきげしき

今日の最低気温はマイナス3度。
職場に向かう道で、散歩中の犬たちがこころなしか喜んでいるようにみえた。
とうとう本格的な冬がやってきた。

はるっこの看板完成

病児保育室はるっこの看板が完成した。

かんばん

はるっこのトレードマークは、花まんぼう。
うちのスタッフのアイデアだ。

クリニックのまんぼうと、はるっこ花まんぼう。
並ぶと兄弟みたいだ。

ほおずきと健診

嘱託をしている保育園の健診に行ってきた。
玄関先に、とても素敵なオブジェが・・・

ほうずき

ほおずきだ。しかも羽根突きの羽根にしている。
なかなかセンスあるね。

ほいくけんしん1

相変わらず、子どもたちは元気だ。
最新記事
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム