FC2ブログ

発達障害を学ぶ

昨日に引き続き、両角さんにサポーター養成講座の特別講座「発達障害を学ぶ」を担当してもらう。昨日の講演を聞いて急きょ参加した人もいて、20人と大変盛況な会になった。
こうざ

まずは、参加者から子どもの困った行動を聞いていく。一つ一つの行動に対して、子どもの気持ちから考え、どのように対応していくのかを説明してくれる。特に、我がことの体験を交えて話してくれるので、具体的だし、説得力がある。一つの行動から、発達障害を持つ子ども達の背景を縦横無尽に語ってくれる。

おおよそ以下のようなことが説明されていた(配布資料から)。

接し方ポイント10カ条
■挨拶はおだやかにやさしく
■叱るのではなく、ゆずらない
■あいまいなコトバは使わない
■指示の予防接種
■守れるルールづくり
■ストライクゾーンをひろげる
■活動の流れや約束事は視覚的にも伝える
■あわない方法はすっぱりきっぱりあきらめる
■ダラダラではなくメリハリあるスケジュール
■本人のプライド尊重

具体的な内容は、ぜひ両角さんの本を読んでほしい(「発達が気になる子どもの保育」芸術教育研究所監修、黎明書房)

単に、1対1の関わりにとどまらず、常に地域との関わりを意識して話していた。学校の先生との関わりや、地域の人との関わりのことをたくさん話していた。まわりを敵にしない、何か問題があったら、出かけて行って話しをする、そのことでサポーターを一人増やすことになるという言葉が、とても印象的であった。

午後からは、具体的な支援の一つとして、様々な道具やおもちゃの話をしてくれた。障がいを持つ子どもに優しい道具~ハサミ、クリップ、のりなどなど。障がいを持つ子に優しい道具は、みんなにも優しいということを実感する。
おもちゃ

障がいを持つ子との関係で、一番の課題はコミュニケーションの問題で、いかにコミュニケーションを豊かにしていくのかという時に、遊び・おもちゃの問題に突き当たる。そして、みずからおもちゃコンサルタントの資格をとって、以来、あちこちで、おもちゃの紹介しているという。

遊べない子は集中力がつかない、集中して遊ぶことは仕事にもつながる。遊びの中にもたくさんの学びがある。しかし、支援を必要としている子は自ら学ぶことがむずかしい。そこで、興味を持てるような環境づくりをしたり、その子の得意分野(視覚、触覚、聴覚)に刺激を与えるものを選んだりすることが大切。

難しいことは抜きで、とにかくいっぱいおもちゃの世界を堪能した。お金をかける必要はなく、色々工夫すれば、100均で十分そろうという話もおもしろかった。帰りに100均に探検に行った人もいるのではないだろうか。

両角さんの体験に基づく話は、とてもリアルで説得力があった。特に子どもたちとの愛にあふれるやりとりが、とてもすてきで、ずっと感動しっぱなしであった。まさに養成講座にぴったりの内容だ。この講座の参加者は、これから地域で障がいを持つ、持たないにかかわらず、子どもやその保護者を支援していく人たちだ。具体的な技術、方法論だけではなく、両角さんの底に流れている考え方がとても大事だと思う。

参加者の中には、実際に障がいを持つ子を抱える保護者も参加していて、両角さんの話にとても共感し、「私の考えが間違えていなかった」と安心していた。あのお母さんの笑顔を見れただけでも、よかったと思える講座であった。

地域を巻き込む

当クリニック主催で、子育て講演会「行動がちょっとだけ気になる子どもの育て方」があった。

こうえん2

講師は、両角美映氏。NPO法人レインボーの理事長であり、おもちゃコンサルタント、保育士、芸術教育研究所障がい児教育客員研究員など、肩書きがたくさんある。かなりパワフルである。参加者の感想を読むと、やはり多くの人が、両角さんのパワフルで、アクティブで、エネルギシュなところに感心するようだ。

こうえん1

障がいを抱えるお子さんが二人いらっしゃる。そのお子さんたちと向き合う中で感じたり学んだことを中心にお話をしてくれるので、とても説得力がある。子どもとともに生きようと決心し、毎日を丁寧に子どもと向き合って暮らしていることが、お話の中からよく伝わってきた。

まず、障がいは個性だという考え方を否定し、障がいは特性だという。「障がいのある子どもたちもみな「個性」はある。同じ障がい名でも、同じ子はいない。障がいのある子どもたちにも健常の子と同じように個性があり、そこへ障がいによる「特性」がある。」と考える。この考え方に深く納得する。障がいは個性だと言ってしまうと、もう何もアプローチできないような感じがあるが、障がいは特性だということなら、その特性に合わせて接し方を考えればよいということだ。

講演の中の圧巻は、障がいの疑似体験。軍手を二重にして折り紙をする。苦手がたくさんある子どもの立場に立ってみる。とても貴重な体験であった。

たいけん

今回のお話は、家の中でお母さんがわが子とどうかかわるのかということにとどまることなく、もっと広い視点からの「育て方」のお話であった。わが子の将来のことを見据えると、障がいを持つ子のために、地域全体の理解と協力を得ていくことが欠かせない。いかに地域を巻き込んでいくのかという話をたくさんしてくれた。NPO法人レインボーの活動を中心に、あきるのクラブの活動や、安全ネットを作る会など、実に豊かな活動を地域で繰り広げているということを報告してくれた。もしかしたら、わが子とのかかわり方を聞きに来てくれた人には、少し不満だったかもしれない。

参加者は、どちらかというと保育士や教員、民生委員の方が多かった。そういう人にとっては、とても刺激的なお話であった。私も、この地域で、障がいに対する理解を広げるために、どんなことができるであろうか、どんな風にネットワークを作ろうかということを真剣に考えさせられた。そういう意味では、一段と広い視野で障がいを考える大変有意義は講演会となった。

障がいを持っている子どもが笑顔で暮らせる地域は、みんなが笑顔で暮らせる地域になるのだと思う。「人という環境が豊かな地域は誰もが住みやすい環境になる」本当にそのとおりだと思う。

食物アレルギー負荷試験

外来で食物アレルギーの負荷試験を行っている。
たいていは、保護者の方に家で用意して持ってきてもらう。

今回、卵抜き、バター使用のクッキーで負荷試験を行おうとしたら、お母さんから「レシピ」はあるかと聞かれた。ならば、ついでにと、クリニックで卵抜きのクッキーを作って用意することにした。

食物負荷なのに、普段から食べつけないために子どもが食べようとしないことがある。なるべくかわいくして、子どもが食べたがるようにと、こんなクッキーになった。
クッキー2
ちなみに、粉は米粉、黄色いのはかぼちゃパウダー、茶色いのは黒糖がはいっている。

負荷試験のために、1g、2g、4g、8gと並べてみる。
くっきー3

なかなかかわいい。

こちらはおまけ
クッキー1

このまま商品化して売れるかも?レシピがほしい人は、9月11日のアレルギー講座に来てね。
最新記事
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム