FC2ブログ

子育ての心理学

サポーター養成講座の特別版の第2弾「子育ての心理学」。
今日は一日アドラー漬けだ。

ここ数日、スライド作成にかかりきりであったが、実に楽しい時間であった。今まで作ったスライドをはり合わせればできるのだが、あらためて見直して、あちこち手を入れた。やればやるほどステキになっていく。自分がいかにアドラー心理学にぞっこんほれ込んでいるのかがよくわかる。

子育ての心理学

午前中は、「アドラー心理学の理論」。2時間半かけてアドラー心理学の理論、5つの基本前提の話しをする。
○個人の主体性
○目的論
○全体論
○社会統合論
○仮想論

はじめて聞く人が多いので、ゆっくり時間をかけて、なるべく具体的な例を挙げながら話す。アドラー心理学の理屈は、世間の一般常識、普通の考え方から見るとちょっと変わっているので、慣れないうちは少し奇異に聞こえて理解しにくいかもしれない。けれども決して難しい話ではなく、聞いた人はなるほどとうなづける内容だと思う。

午後は、具体的な援助技法のワークをした。ここのところ私の中でブームになっている「意見と事実」のワークだ。アドラー心理学にとって援助とはなにか?ということを「共同体感覚」と絡めてお話した後、ワークをする。グループに分かれ、一人の人から最近困ったことのエピソードをもらって、書き取り、意見と事実に分け、事実を見ながら、パーソナルストレングスを探す。

たったそれだけのことだが、上手にワークを組み立てると、最初のエピソードがまったくちがう色で見えてくる。二つのグループでやったのだが、どちらの事例でも話し手の人には、たくさんの気づきがあったようで、終わったときの顔がとても輝いて見えた。

時間がたっぷりあったので、あせらずじっくりとワークに取り組めたのと、たまたま欠席者が多く程よい人数だったのが幸いした。集まったメンバーもよかったのだと思う。最後のシェアリング(感想の出し合い)では皆さんとてもいいお話をしてくれた。

講師冥利につきるとてもいい時間を味わうことができた。

たけにたんざく

待ちに待った七夕の日。
子ども達にとっては、他の何より変えがたい、一大イベントだ。

クリニックでも、スタッフみんなでどうやって子ども達を迎えうつのか?
ひとしきり議論した。
ただお菓子を配るのは味気ない。
去年はくじ引きをした。
今年は何かからだを動かして遊べるものをと、チャレンジ遊びをすることした。
いっぱいアイデアを出して、ためしにやってみて、これはいけるというのを3つ。
○じゃんけんコーナー
○ボーリングコーナー
○テニスコーナー


じゃんけんは、手袋で手形を作って勝負。
じゃんけん

ボーリングは、布製のボーリング、小さい子でも参加OK。
ボーリング

テニスは、自分の申告した回数を続けるのが条件。
テニス

勝っても負けても景品つき。
みんな真剣だ。

たくさんの子ども達が来てくれて、すっかりじじの気分
たなばた4

スタッフも童心にかえって、一杯遊んだ。
子ども達からエネルギーをもらって大満足。
みんなで

笹の葉さらさら

7日は七夕だ。今年も笹を飾る。
外来に来てくれた子ども達に願い事を書いてもらって、飾り作りも手伝ってもらった。

たなばた3

いろんな願い事がある。
オーズになりたい、AKB48になりたい、プリキュアになりたいというのは時代の反映だ。
喘息が治りますように、卵が食べられますようにとは、切実な願い。
一番の傑作なのは、お金持ちになってAKB48のグッズがほしい、かな。

短冊の前の子どもたちは真剣だ。

たなばた1
たなばた2

どうか、明日晴れて、こどもたちのねがいが天に届きますように。

じじの目

上ノ国で一緒に遊んだ子どものことを考える。

彼は、学習会の間部屋の中で遊んでいたのだが、途中で飽きてしまって、外に探検に行こうとしたり、おもちゃを投げたり、お菓子をちらかしたり、なかなか親泣かせな行動をとっていた。

でも、外に出たら、まるで水を得た魚のように生き生きと遊び出す。とてもいい笑顔を見せて、果敢に遊具にチャレンジする。3歳とは思えない身のこなし方で、ジャングルジムや鉄棒でフルに遊ぶ。ごねることもなく、泣き言も言わず、集中して遊ぶ。要するにこの子はアウトドア派なのだ。

かみのくに1

室内外のこの極端な差が面白い。環境を整えさえすれば、これほどまでに建設的な行動をたくさん見せてくれる。しかし、親にしてみれば、室内でのきかん坊さに目が向くであろう。こうやって、外で生き生きとする姿に目を細めることができるのは、私がすっかりじじの目になっているからであろうか。

ちょっと離れてみると、子どものステキなところが一杯見えてくる。じじ、ばばの目というのが今とても必要とされているのかもしれない。

母の願い

上ノ国でアドラーの学習会があった。2ヶ月に1回の定例会。

途中、個別の相談が入った。変則的だけど、そもそもこの集まりが養護の先生方の学習会から始まったので、受け入れている。

だいたい方向性が見えて、クライエントがほっとひと息つけたら、またみんなの輪に加わる。こういうやり方も、なかなか良いかもしれない。

話題は、「どうして親は世間一般の価値観から逃れられないのか?」。我が子には、どうしても『ふつう』になって欲しいと願う。『ふつう』に学校に行って、『ふつう』に勉強して、『ふつう』に友達を作って、『ふつう』に先生の言うことを聞いて・・・けれども、子どもは往々にして『ふつう』じゃないことする。すると、親は焦って、ああでもない、こうでもないと要らぬおせっかいを始める。その結果、子どもの勇気をくじくことになる。

パセージテキストの38-R「わがままなままで人の役に立つ」を読む。最も好きな場所のひとつだ。相変わらず、テキストにはいいことが書いてある。テキストの文章はとても説得力があって、みんなで読むと議論が整理されるからいい。

終わってから、メンバーの一人が連れてきた子どもと外で遊ぶ。

かみのくに2

すっかり、孫と遊ぶじじの気分だ。
最新記事
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム