FC2ブログ

スポーツの秋

昨年に引き続き、スーパー魚長主催のS&B杯ちびっこマラソン大会に、医療班(と言っても私一人だが)として参加してきた。

マラソン

参加者は、小学校1年生から6年生まで、700人を超える。みんな元気で、始まる前からあちこちで走り回っている。疲れてしまわないかと心配だが、やっぱり子どもはエネルギーのかたまりだ。1,2年生が1.5km、3,4年生が2km、5,6年生が3kmを走る。

今日の函館は、朝から涼しさを通り越して寒いくらいの気温。見ている方はふるえてしまうが、走る方はこのくらいの気温の方が都合が良い。S&B杯ちびっ子マラソンというのは、全国各地で取り組まれている。今年の酷暑で、熱中症になる子が多かったらしい。ところによっては中止になったところもあるという。

昨年は、勢い込んで転んでけがする子が多かったが、今年はけがをした子はゼロ。最初の準備体操がよかったのか?がんばりすぎて具合が悪くなった子が3人、そのうちの2人は喘息の発作もともなっていた、鼻血が1人。大過なく過ごすことができた。

事前の健康チェックで喘息ありの子が多かった。体を鍛えるために、親が積極的に運動を進めていることの表れなのだろうか。とても大切なことだと思う。来年は喘息発作の対応を考えておいた方が良いのかもしれない。

来年は25周年になるのだという。これからもずっと続いて欲しい取り組みだ。
スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム