FC2ブログ

絶好の「雪遊び」びより

待ちに待った「雪遊び」の日だ。
なんとも絶好の「雪遊び」びよりになった。

計画を立ててから、駐車場に雪を積み上げ、
ところどころ階段や滑り台を作り、
林の中に秘密の迷路を作ってきた。

この間に、気温の高い日が続いたり、雨の日があったり、
はたまた、大雪になったり・・・
毎日の天気には、本当にやきもきさせられた。

ここ2,3日道南は、記録的な大雪に見舞われている。
昨日は、あちこちで車が立ち往生するほどの大雪であった。
今朝も、まだ雪もよう~天気予報では一日雪の予報。

張り切って防寒着を着こんで、寒さ対策は万全と思ったら、
昼近くには空が明るくなり、お日様も顔を出した。
時々雪が降りながらも、風も強くなく、絶好のコンディションとなった。

IMG_0949~2


子どもはやっぱり雪が大好きだ。
大声をあげて雪の中を飛び回る。
手袋が脱げようと、頭から雪の中に突っ込もうと、
全くお構いなし。

こちらが作った滑り台に飽き足らず、
かまくらの上の急斜面を滑り降りる(滑り落ちる?)
階段を滑り降りようとするし、滑り台を逆走する、
果ては、そりを使わず転がり落ちる子も・・・

IMG_0934~2


林の中の秘密の迷路も大人気。
「体重制限の椅子」(意味わかる?)
「雪のお風呂」
そして、道を外れて、ずんずん新雪の中に入り込み、
ずぶずぶと膝まで埋まる。
「動けないよう~」、「たすけて~」、「わ~一緒に埋まった~」
そんなやりとりが楽しくて、なんと「遭難ごっこ」に発展♪

IMG_0929~2


子どもたちは働くのも好きだ。
ボランティアのお兄さん・お姉さんが掘っていたかまくらに、
わ~いと飛び込んで、うあ~広い、もっと広くしよう~
手でかきだす、しゃべるを持ってくる、
かき出した雪をそりに乗せて外に出す。

IMG_0945~2

た~~ぷり遊んだ後は、手作りの豚汁とおにぎりで一服。

IMG_0968~2


年がいもなくと言われそうだが、とにかくスタッフも私も童心に帰って、
力いっぱい遊んだ。
「遊びは子どもの心体を強くする」が私の持論だが、
子どもたちの黄色い歓声で、私たち大人が元気になった。

まずは、一日目大満足。
明日も体がもつかな~~。




スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム