FC2ブログ

インフルエンザへの対処

批判だけでは芸がないので、
インフルエンザへの適切な対処法を

治療にまさるのは予防。
外から帰ったら、うがいと手洗いをしっかりすること。
過労・寝不足はてきめん。ゆっくり休んで疲れを残さないように。
栄養にも注意、ビタミン類(とくにビタミンC)を多くとること。
空気の乾燥が感染を助けるので、なるべく加湿をすること。
マスクは、ウイルスの侵入防止というより、
ウイルスの混じった咳やくしゃみの飛沫を防いだり、
気道の乾燥を防止したりするのに役に立つ。

もし、インフルエンザにかかったら・・・
熱や咳、頭痛などの症状を和らげ、体力の消耗をおさえて、
自然に治るのを待つのが基本。
水分をたくさん取らせ、適度に栄養をとり、ゆっくり休む。
体の水分が不足すると熱が下がりにくくなるので要注意。
熱が高くて苦しそうなら、熱さましを決められたとおりに使うこと。
頭やおでこを冷やすより、首やわきの下、背中を冷やしたほうが、
解熱効果は高い。
また、タオルをお湯で絞って体をふくと、
汗の代わりに蒸発して熱を奪うので効果的。
ぐったりするようなら点滴をすると楽になるので、これは病院で相談。

 呼吸が速く、顔色が悪いとか、
 落ち着きがない、意味不明の言動がみられる、
 あるいは反応が鈍い、呼びかけに答えない 


などの症状があるときは、
重症の恐れがあるので、急いで病院を受診すること。
(夜でも救急当番にかかるべし)
熱が長く続いたり、咳が強い、頭痛やおう吐が強い場合にも、
精査のために病院に行くこと。
抗インフルエンザ薬を使うときは、副作用のこともあるので、
主治医と十分相談してから使う。

軽症に過ぎるからといってあなどってはいけないが、
ポイントをおさえれば、そんなに恐れる必要はないものだと思う。
スポンサーサイト



インフルエンザフィーバー

ご多分にもれず、七飯地域にもインフルエンザがはやってきた。
外来で「インフルエンザ」と診断すると、
「新型ですか?新型って怖いんですよね?」と聞かれる。
一般外来での検査では、A型かB型かまでしかわからない。
でもA型と判定が出れば「新型」と考えていいとお話する。

新聞やテレビの報道を聞いて、「新型」は特別こわいものだと
誤解されている方がたくさんいらっしゃる。
しかし、新型はほとんどが軽症で終わるというのが相場だ。
うちで診ている限りでも、ほとんどの子が軽症で済んでいる。
中には脳症や呼吸障害を起こす例が報告されているが、
これまでの国内での発症例をみると、
今までのインフルエンザと比べて特別に凶悪であるとは言えない。

何をそんなに恐れているのだろうと思う。
家族にインフルエンザが出たら、仕事に出てはいけないという会社もあるそうだ。
確かに、新型の問題は、今までのインフルエンザと抗原性が異なっていて
ほとんどの人が免疫を持っていないため、急速に広がる危険がある。
だからといって、まだ発症していない人を隔離するのは行きすぎではないか。

抗インフルエンザ薬も悩みの種だ。
今まではあまり積極的に進めてこなかった。
副作用のこともあり、
また使いすぎると耐性ウイルス(薬が効かないウイルス)が出現するからだ。
抗インフルエンザ薬はウイルスを殺してしまう薬ではない。
単に増殖をおさえるだけ。
初期のウイルスの増殖をおさえることで、重症化を防いだり、
治るまでの期間を短かくしたりするのが目的だ。こ
の薬を使わなければ、インフルエンザが治らないわけではない。
だから、もともと抵抗力が弱い子や何か持病がある子には積極的使う。
普通の体力の子は使わないで自然に治るのを待つのが基本だと思う。

しかし、新型に関しては事情が違う。
複数の医学会から、早期に抗インフルエンザ薬を使うようにという勧告が出た。
去年まで、飛び降りなどの異常行動の副作用のことや、
耐性ウイルスの出現があるのに日本では使いすぎているという批判があったのに、
この変わりようは何なのだろうか?
どうも、マスコミの報道に踊らされているような気がする。
まるで、熱に浮かされているようだ。

まさにインフルエンザフィーバー(インフルエンザ熱)とでも呼びたくなる。
最新記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム