FC2ブログ

インフルエンザフィーバー

ご多分にもれず、七飯地域にもインフルエンザがはやってきた。
外来で「インフルエンザ」と診断すると、
「新型ですか?新型って怖いんですよね?」と聞かれる。
一般外来での検査では、A型かB型かまでしかわからない。
でもA型と判定が出れば「新型」と考えていいとお話する。

新聞やテレビの報道を聞いて、「新型」は特別こわいものだと
誤解されている方がたくさんいらっしゃる。
しかし、新型はほとんどが軽症で終わるというのが相場だ。
うちで診ている限りでも、ほとんどの子が軽症で済んでいる。
中には脳症や呼吸障害を起こす例が報告されているが、
これまでの国内での発症例をみると、
今までのインフルエンザと比べて特別に凶悪であるとは言えない。

何をそんなに恐れているのだろうと思う。
家族にインフルエンザが出たら、仕事に出てはいけないという会社もあるそうだ。
確かに、新型の問題は、今までのインフルエンザと抗原性が異なっていて
ほとんどの人が免疫を持っていないため、急速に広がる危険がある。
だからといって、まだ発症していない人を隔離するのは行きすぎではないか。

抗インフルエンザ薬も悩みの種だ。
今まではあまり積極的に進めてこなかった。
副作用のこともあり、
また使いすぎると耐性ウイルス(薬が効かないウイルス)が出現するからだ。
抗インフルエンザ薬はウイルスを殺してしまう薬ではない。
単に増殖をおさえるだけ。
初期のウイルスの増殖をおさえることで、重症化を防いだり、
治るまでの期間を短かくしたりするのが目的だ。こ
の薬を使わなければ、インフルエンザが治らないわけではない。
だから、もともと抵抗力が弱い子や何か持病がある子には積極的使う。
普通の体力の子は使わないで自然に治るのを待つのが基本だと思う。

しかし、新型に関しては事情が違う。
複数の医学会から、早期に抗インフルエンザ薬を使うようにという勧告が出た。
去年まで、飛び降りなどの異常行動の副作用のことや、
耐性ウイルスの出現があるのに日本では使いすぎているという批判があったのに、
この変わりようは何なのだろうか?
どうも、マスコミの報道に踊らされているような気がする。
まるで、熱に浮かされているようだ。

まさにインフルエンザフィーバー(インフルエンザ熱)とでも呼びたくなる。

大入り

本日、来院された患者さんは99名。
う~~ん、実によく働いた♪
連休明けは混むものだが、それにしても大変な人数だ。

開院1カ月にしてこの数字はなかなか健闘していると言える。
いまインフルエンザの波が七飯地域にも
押し寄せてきている。
先週末からその兆候はあったのだけれど、
この連休中、当番病院は殺人的な混雑だったらしい。

不謹慎だが、この波がしばらく続くと、
クリニックの経営は楽になる。
他の病院の混みように比べたら、まだまだだ。
それに一時的な波に終わるかもしれない。
それでも、クリニックに一度来てくれれば、
うちの魅力を知ってもらえる。

そう思って丁寧に仕事をした。
いや、正直を言うと、
まだ新しい電子カルテになれないところもあって、
午前の仕事が終わったのは、午後1時半。
午後予定していた保育への出張健診断も
延期する羽目になった。
夕方(受付は4時から7時)の診療が終わったのは
夜の8時であった。

なかなかテンポよく仕事したので、
気持ち的には疲れていない。
けれど、年のせいか、
体に疲れが現れるのが1,2日遅れるから、
このあと気を抜かないようにしなければね。


色づく木々

台風が過ぎてから、朝晩の冷え込みが厳しくなった。
急速に秋が深まる。

紅葉

北海道は、駆け足のように秋が過ぎていく。
あと10日ほどしたら、紅葉が見ごろになる。

ちょうど、ラトビアからのお客さんが来るころだ。
いま、七飯アドラー心理学研究所(アド研)のほうでは、
そのお客さんを迎える準備に追われている。
http://wwwc.ncv.ne.jp/~haru_tak/adler.htm

まるで、七飯の自然も一緒になって、
お客さんを迎える準備を始めてくれてるようだ。

請求事務、無事完了

一通りレセプトを点検し、直すべきところを直して、
再度、印刷する。

保険により請求先が異なるので、それぞれをまとめて、
総括表をつけて、発送する。

総括表の作り方にもお作法がある。
その道の先輩に来てもらって、指導してもらいながら作成する。

午後、私が出張している間に、無事に完了した。
とにかくはじめてのことゆえ、だいぶ緊張した。
この診療報酬を受け取って、はじめてクリニックの経営が成り立つ。
これから毎月のことなのでそのうち慣れるのだろうけど。

やっぱり医者

昨日は、函館市の急病センターへの出務であった。
次々と、急患がやってくる。
大概は、急に熱が出たのでと心配でやってくる。
全身状態が良好で、診察所見もほぼ正常。
かぜか、インフルエンザかというところ。
症状を抑える薬を出して、一晩様子見ましょうで終わる。

インフルエンザも熱が出てから12時間経たないと、
検査で陽性にならない。
何人かは検査したが、今日は全員陰性だった。
お母さん方はあせって連れてくるのだが、
きちんと説明して、明日また病院へ行きましょうというと
安心して帰られる。

一人の子が、診察している目の前で、ひきつけを起こした。
みるまに診察室の雰囲気が変わる。
けいれんの様子を見ながら、けいれん止めの座薬、
点滴、そしてけいれん止めの注射、酸素吸入と、淡々とこなす。
けいれんは止まったが、精密検査のために二次救急当番病院に転送する。

自ら点滴してけいれん止めの注射までするのは、
本当にひさしぶりのことであった。
しかし、考える前に自然と体が動く。
かつて研修病院で散々経験したことが、
体に染みついているのだ。

こういう救急の現場に身を置くと、
やっぱり、自分は医者なのだとはっきり自覚する。
最新記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム