FC2ブログ

人生最良の日

いっこさんの講演会のあとは、開院記念祝賀会だ。
思い切って、クリニックの駐車場でガーデンパーティー風にすることにした。
天気予報では雨となっていたが、朝方の雨がすっかりあがって、
昼過ぎには太陽も照ってきた。
天も味方してくれていると思うと、実にありがたい。

せいぜい40人くらいかと思っていたが、結局80人もの人が来てくれた。
実にありがたいことだ。

開院祝賀会2

祝賀会のコンセプトは、「つながる」。
いままでお世話になった人に感謝を表すという意味もあるが、
それ以上に、私たちがおつきあいしている素晴らしい人たちが、
これを機会に、つながりあうこと。
それが、世の中を変える力になっていくと思う。

開院祝賀会1

最初のあいさつで、ひとしきり私の考えをしゃべらせてもらった。
クリニックの理念は
 1)子どものからだとこころの健康の砦に、
 2)診察室で待つのではなく地域とともに、
 3)新しい文化の発信基地に、

小児科なので、体の病気を診るのは基本。
その上に、心の健康にも取り組みたい。
また、子どもの健康は、診察で待つだけでは守れないので、
地域に広く出かけて行って、地域の人たちと一緒に、
子どもたちの生活から考えていきたい。

そして、人は社会に対して開かれている存在だという
アルフレッド・アドラーの思想を発信すること。
弱肉強食・競争の人間関係ではなくて、
協力・共同の人間関係を広げていく。
そのためのさまざまな取り組みをしていく基地になりたい。

とはいえ、まずはクリニックを軌道に乗せること。
そして、なにより、力になるのは、人。
夢を実現するためには、多くの人の力が必要。
一人ひとりに力は弱くても、つながることによって、
まさに、文化を変えていくちからになるのではないだろうか?

ちょっとしゃべりすぎたかもしれない。
なにしろ、人生最大の晴れ舞台だから、許してもらえると思う。
その後、たくさんの方々から言葉をいただいた。

遠くは、徳島、奈良、滋賀、仙台、
そして札幌から駆けつけてくれたアドラーを学ぶ仲間たち、
函館でずっと子育て運動を一緒にやってきた仲間たち、
17年間お世話になった道南勤医協の職場の仲間たち、
道南で一緒にアドラーを学ぶ仲間たち、
合気道の先生方まで来てくれた。
そして、横浜から私の兄夫婦、札幌から妻の父母と兄夫婦。

本当に多くの人に支えられてここまで来たのだということを
つくづく実感させられた。
なるほど、これからは、いままで受けきた恩をこのクリニックでの日々のお仕事の中で、
少しずつ返していくということなのだな。
そう思うと背筋がピンと張ってくるような思いがした。


スポンサーサイト



いっこさんの講演会

はるこどもクリニックは小児科のクリニックだが、
子ども病気をみるだけではなく、
広く子どもの健康のことを考えていける施設にしたいと思っている。
そのために、2階に人が集まれるスペースを作った。
療養指導室といかめしい名前がついているが、
私たちは「子育てサロン」というイメージでいる。

その「子育てサロン」のこけらおとしに、
滋賀県からNPOチッチ理事長 山口育子氏をお呼びした。
NPOチッチ

いっこさんとは、アドラー心理学を通じて知り合い、
会った最初から意気投合し、今では家族ぐるみのお付き合いしている。
ともにアドラーを学ぶ仲間であり、
また、地域に豊かな子育て環境を作る夢を語りあう同志でもある。
クリニックを基盤に、地域に子育ての輪を広げていく活動の幕開けにふさわしい講師だ。

はるこどもクリニック開院記念子育て講演会
「いっこさんの楽しい子育て」

いっこさん講演会

思った通り、いや思った以上に素晴らしい講演だった。
あっという間の2時間。
参加者は、泣いたり笑ったり、すっかりいっこさんワールドに引き込まれていた。
帰りには、みなさん、すっきりした顔をしていたのが印象的であった。
基本的にはアドラー心理学に基づく子育ての話だったが、
家庭や職場でのいっこさん自身の体験をふんだんに盛り込んでいて、
かつ、いっこさんの愛あふれる思想がいっぱいにつまった、
実にわかりやすくかつ感動を呼ぶお話であった。

この講演を聞いた人は、肩の力が抜けて、
子育てが楽しいものだということを思い出し、
わが子に向き合う勇気をもらえたのではないかと思う。
私自身が、アドラー心理学をやってて良かったと思えたし、
子育てに限らず、人に向き合う力をもらえた様な気がする。

うちのクリニックを基地に、楽しい子育ての輪が広まることを願ってやまない。


最新記事
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム