FC2ブログ

やっと週末

長い1週間だった。
昨日は、一日古巣(元の病院)に戻って、診療した。
ただの小児科医であることのほうが楽だなと思った。

この1週間(月曜日から木曜日)、職員の研修を担当した。
改めて、小児科医療の中身を教える。
私が日々の診療で、どういうところに重点を置いて診断あるいは指導を行うのかを、
職員に知っておいてもらいたいので、基本的なことを教える。
それと、私の診療姿勢のバックボーンとなる、アドラー心理学を教える。

「小児科の特性」「急性上気道炎・急性胃腸炎」「呼吸器疾患」「感染症」
「アドラー心理学の理論」などなど
1回1時間くらい話して、質疑応答して終わる。
職員にはおおむね好評だ。
みんなまじめに聞いてくれる。
話がわかりやすいという~それが私のパーソナルストレングスだね。
でも、朝から、一人でしゃべりっぱなしなのは疲れる。

自分の知識の整理になっていいとは思うが、
あらためて教科書をひっくり返して、
基本的なことを見直しながら資料を作らなければならない。

それだけに集中できればいいのだけど、
合間、合間に、さまざまな業者の人が来る。
備品も、少しずつ搬入されてくるので、それにも対応しなければならない。
いくつか買いそろえるものもあったり、新たな支払いもあったり。

ということで、昨日は家に帰りついて、食事もそこそこに、
ちょっと休息っをと思って布団に入って、気がついたら朝の6時だった。
ふ~~っ、やっぱり疲れているんだね。

なんとなく、気持が張っているので、疲れを自覚しないで来た。
まだ、はじまったばかりなので、体をいたわりながら、ぼちぼちやらなければね。
今日、明日は、のんびりして過ごそう

スポンサーサイト



最新記事
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム