FC2ブログ

函館パセージ始動


7月22日、はこだて子どもセンターで、パセージ(アドラー心理学のグループ体験に基づく育児学習コース)が始まった。
七飯・青森の若いリーダーによる、ツインリーダーパセージ。
二人のリーダーは、実に堂々としていた。しっとりとそして和やかに、雰囲気作りも上手であった。
参加者も積極的に輪に入り、質問も、意見も、事例の提供も、活発に出されていた。

パセージ

これからの8週間がとても楽しみだ。
スポンサーサイト

ミニ講演とワーク

7月8日、エピソード分析ワーク終了後、こじんまりとした場所で、こじんまりと「子ども勇気づけて育てる」のミニ講演とワークが行われた。地域にアドラー育児を伝えるための小さな試みだ。

ミニ講演

参加者8名。はじめに、勇気づけの子育てとはどのようなものか?を伝えるミニ講演。二人の掛け合いで、寸劇を交えてお話した。場面は、7歳男の子が朝学校行くときの話。小雨が降っていたので、母が合羽を着ていくように促すが、子どもが口答えをしてきたという場面。

この場合の勇気づけの3つのポイント
1)子どもとケンカしない
2)子どもを尊敬する
3)子どもと冷静に話し合う

そして、アドラー育児の行動面の目標
1)自立する
2)社会と調和して暮らせる

心理面の目標
1)「私には能力がある」と思える
2)「人々は私の仲間だ」と思える

を確認する。

そして、ワークは二つのグループに分かれて行った。ちょっと困った出来事を出してもらい、「ブレイクスルークエッションズ」を応用して、代替案を考えるというもの。参加者は、サブリーダーを除いて、全員アドラーに初めて触れる方々。どちらのグループも、話が盛り上がり、ミニ講演の内容を受けて考えた代替案に、「できそう」「使える」「すごい」と実感していただけた様子。エピソードを拾い出して、紙に書きだして考えていくという作業がとても新鮮だったらしい。そして、アドラー心理学に断然興味を持ってもらうことができたようだ。

今回担当したのは、青森と七飯の二人の若手のパセージリーダー。とてもよく呼吸が合っていて、親しみやすくやわらかい雰囲気をかもし出していた。この日のために、二人で綿密な準備をしてきたらしい。

実は、この7月22日から、ツインリーダーでパセージ<七飯パセージ>(アドラー心理学に基づく子育てセミナー)も開催される。とても素敵なセミナーになる予感がする。これから彼らのような若いリーダーが活躍していくのだろう、頼もしい限りだ。

エピソード分析

7月7、8日の二日間、日本アドラー心理学会指導者、大竹優子氏をお招きして、「エピソード分析」のワークショップを開催した。

エピソード分析 epi2

「エピソード分析」というのは、野田俊作先生が開発された技法で、エピソードから、まずは「対処行動」を探し出し、そこから「ライフタスク」、「仮想的目標」と順に探し出していく。

エピソードを分析するというのは、本来心理療法なり、カウンセリングなりでは、必ず通る道なのだが、ある意味で職人技で、なかなかとっつきにくいところがあった。野田先生があらたに開発したアルゴリズムに沿って分析していくと、かなりいいところまで、クライエントの精神力動にさかのぼれるというもの。1対1の心理療法や、カウンセリングだけではなくて、グループワークや自助グループの勉強会でも使うことができる。

今まで、練成講座や秘訣講座などに行って学ぶものであったのだが、この地域でエピソード分析を学ぶ機が熟してきたのではと考え、講師を招聘して、ワークショップを開くことにした。

七飯、函館、木古内、上ノ国、伊達、そして、青森でアドラーを学んでいる仲間が集まって、熱心に学んだ。やり方の講習を受けたのち、グループに分かれ、実際に自分のエピソード(子どもとのやりとりでちょっと困った出来事)をだしてもらい、アルゴリズムに沿って分析の実習を行った。参加者は、自分のエピソードを事前に準備していたり、リーダーをかって出たりと、積極的に参加し、各グループで熱く演習に取り組んだ。

たった二日間だったけれど、それぞれにコツをつかんでもらえたのではないかと思う。アドラー心理学はおけいこ事、これから自分のグループに帰って、練習を積み重ねていくことが大切だ。今日参加した人たちの中から、新たなパセージリーダーやカウンセラーが生まれてくるのではと大いに期待が持てる。道南、青森圏でのアドラームーブメントの画期になったのではないかと思う。


心豊かに育てる

はるこどもクリニックと七飯アドラー心理学研究会との共催で、子育て講演会「心豊かに育てる」を行った。

場所は、嘱託医をしている函館ひかり幼稚園の遊戯室をお借りした。ひかり幼稚園さんとは、うちの息子が年少さんの時にお世話になって以来の長いお付き合いだ。その後、函館に戻ってから、ずっと嘱託医をしている。

一昨年園舎の建て替えをして、とても広く、明るく、きれいになった。天井が高く、明るいお部屋で、気持ちよくお話しすることができた。

kouen300624

内容は、アドラー育児の話。いつもは、主にパセージ(アドラー育児ための親子プラグラム)からの引用であるが、今回はパセージプラス(パセージをより深めた親関係プログラム)の視点を取り入れ、新たな切り口でお話した。

アドラー心理学では、人は、不快を避け、快を求めて生きていくのではなく、共同体に所属することを求めて生きていると考える。たとえ不快があっても共同体に貢献的に所属できることに喜びを感じる。だから、「不快だけどしなければならないことをするように、快だけどしてはならないことをしないように」子どもを育てるには、生活の中で、「人に貢献して生きることが喜びであること」を体験的に学んでもらうことが大切。アドラー育児が提唱する「勇気づけの子育て」は、まさに、さまざまな働きかけを通して、人に貢献する喜びを教えることにある。

以上のような話を前段で行った。

後半は、パセージの提唱する「子育ての目標を持つ」、「問いかける育児」、「まかせる育児」、「話し合う育児」について、さまざまな実例を取りあげながら、解説した。

おかげさまで、アンケートには肯定的な感想を一杯いただいた。

<一部抜粋>
◆所属と貢献の話を丁寧にしていただいて、自分でもゆっくり考える時間になりました。
◆講演の中で難しい言葉がほとんどなく肩を張らずリラックスした気持ちで聴くことができました。なので素直にひとつひとつ言葉が身体(心)に入って来ました。
◆場面場面でのエピソードが具体的に語られてどんな場合にどんな風に関わりを持つ事が大事なのかわかりやすかったです。
◆今後、子どもとより良く関わっていく為のヒントが沢山得られました。役割を与える、考えを引き出す問いかけは意識したいと感じました。
◆今回初めてアドラー心理学の講演会に参加させていただきましたが、とてもわかりやすかったです。今まで部下に一方的に物事を教えていましたが、一緒に考える・考えてもらい気付くこと、自分の課題と部下の課題を切り離して考える事を学びました。
◆「ともに学び、ともに働き、ともに話し合う」老親との2人暮らしですが、これは本当だなと思いました。発想を「年々介護量がふえて・・・」という路線でなく。これでいこうと思います。
◆自分で感じていましたが、今日の講演を聞いてつくづく自分は何でも一人でやり過ぎていると思いました。失敗から学ぶチャンス、考えさせる機会、貢献していると実感出来る機会をこれまで数多く奪って来てしまったのではないかと大きく反省しました。
◆家族会議をやっていこうと思いました。今までは親が決めて、その流れでなんとなく進んでいってましたが、年中になり色んな事を考えたり、友達関係の悩みも増えてきているようなので、子どもの考えを知り、問いかけ次の行動をおこさせ、一緒に考える時間を沢山作って行きたいと思いました。
◆不登校の子供の導き方など、具体的で(好きなことへのイメージを広げる)参考になりました。

これからも、アドラー育児を広めていくために、時に応じて講演会をしていけたらなあと思う。


エピソード分析ワークショップ

アドラー心理学の治療技法のひとつ、「エピソード分析」を学ぶワークショップを開催します。

日本アドラー心理学会指導者の大竹優子氏をお招きして「エピソード分析」についてワークショップを行います。
対象は親子関係プログラム「パセージ」受講経験者です。エピソード分析シートを使いながら「私的感覚」ならびに「協力的代替案」を探す練習をします。あなたもエピソード分析の技術を仲間と一緒に学んでみませんか?

参加対象は、「パセージ受講者」になっています。

エピソード分析表 エピソード分析裏

参加ご希望の方は、こちら↓

【参加費】
① 2018年7月7日(土)のみ参加の方 4,000円
② 2018年7月8日(日)のみ参加の方 4,000円
③ 2018年7月7日(土)、8日(日)両日参加の方 7,000円

【参加申し込み方法】
準備の都合上、下記の申込書にご記入の上、メールまたはFAXにてお申込みくださると助かります。参加費は当日会場で申し受けます。なるべくおつりの無いようにお願いします。

[送信先] 七飯アドラー心理学研究会(はるこどもクリニック内)
FAX 0138-65-0508
Mail passage_08@yahoo.co.jp

【懇親会のご案内】
2018月7月7日(土)17:30~19:30 会場・会費は後日ご連絡致します。(会費は当日懇親会会場にて申し受けます)

・・・・・・ 2018 エピソード分析申込書 ・・・・・・
 
【お名前】                  【ふりがな】                   

【ご住所】〒                                          

【電話番号】                 【FAX番号】                   

【E-Mail】                                           

【参加希望日】下記からお選びください(FAXの方は番号に〇を、メールの方は希望番号をご記入ください)
① 2018年7月7日(土)のみ参加  
② 2018年7月8日(日)のみ参加
③ 2018年7月7日(土)、8日(日)両日参加

【懇親会参加】 参加する・参加しない (FAXの方はどちらかに〇を、メールの方は参加の有無をご記入ください)


最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム