日本脳炎ワクチン始まりました

4月から日本脳炎のワクチンが無料になりました。

はるこどもクリニックのホームページ(日本脳炎ワクチン)でもお知らせしていましたが、4月から北海道でも、日本脳炎ワクチンが定期接種になりました。ぜひ、この機会にみなさんに接種してもらえるように、待合室にポスターを貼りました。うちのスタッフの力作です。

ワクチンポスター
スポンサーサイト

発達障害診療の地域連携を考える

道南発達障害を考える会の講演会に参加した。テーマは「専門医とプライマリ医をつなぐ~発達障害の地域連携~」、講師は亀田総合病院(千葉県)小児科医長の市河茂樹先生。今回はこの講演会の座長を務めることになった。

zatyou

今年4月の日本小児科学会で、市河先生の講演を聞いた。今まさに道南で求められている話だと思い、ぜひ道南発達障害を考える会の講演会の講師にと要望を出したのが実現したものであった。いいだしっぺなので座長を務めることになったものだ。

発達障害を見る専門医が足りないというのは全国的な傾向だ。道南でも専門医にかかるには早くて6か月後、ケースによっては1年後、2年後という場合もある。市河先生のところも例外ではなく、6カ月待ちのなのだそうだ。そこで、地域のプライマリケアを担う医師との連携が課題になる。

まずは、院内の研修医とどのように連携していったのかというお話し。問診票、アセスメントシートを活用し、診療システムを工夫し、研修医と並行して診療していく事で、受診までの待機時間を短縮した。同時に、研修医の診療スキルの向上をはかれたし、専門医の業務軽減につながったということだ。

そこでの工夫のうえに、さらに緊急受診システムをとりいれたり、地域カンファレンスに参加したりすることで、地域のプライマリ医(いわゆる家庭医)や小児科医と連携する。専門の発達外来を受診せず、地域のプライマリ医や小児科の単独診療で済んでいるケースが増えてきたということだ。

「共通のツールを導入し、アセスメント軸を共有する」というお話しが印象に残った。私たち一般小児科医は、発達障害を専門的に診療しているわけではない。だからと言って、診断や療育が必要な子どもたちをすべて専門医に任せていては、専門医の外来がパンクしてしまう。私たちにもできることがあるのではないかと思う。その時に、専門医の先生と「共通のツールを導入し、アセスメント軸を共有する」ことができることが何より重要なのだと思う。

このような講演会を「道南発達障害を考える会」として聞けたことは大きいことだ。この道南の地域に合った形で、市河先生のところのようなシステムを移入できないものかと思う。さいわい、道南の小児科医同士はまとまりがある。これから、ますますよい地域連携が進んで行くのではないかと思う。

専門医と一般小児科医の連携

道南発達障害を考える会の定例学習会で報告を行った。「はこだて療育・自立支援センター」の医師と私と共同で報告を準備した。テーマは、「専門医と一般小児科医の連携」。

報告の内容は、当クリニックから「はこだて療育・自立支援センター」に紹介したケースをまとめて、何例かケースレポートをする。当クリニックでの紹介にいたるまでの経過を報告し、その後支援センターに受診してからの経過を報告する。

いとくくり
石崎地主海神社のいとくくり(5/7撮影)

今回議論したかったことは、「いつ、どんな時に紹介したらいいのか?」「紹介するとしたらどのように紹介するか?一般外来でそれまでにやっておくことはなにか?」「受診が決まってから、あるいは受診した後、一般小児科でできることは何か?」ということであった。

ケースをまとめる段階で、自分たちのできているところ、まだできていないところがよくわかり、これからのクリニックの方向性が見えてきたような気がする。また、照会先の医師の診療の内容とケースへの向き合い方がとても勉強になり、ケースへの理解も深まった。

参加者の中での議論は、多岐にわたり、予定時間を大幅に超えて熱心に行われた。熱く語る他の医師や医療従事者の姿勢から地域の子どもたちのために頑張っていることが伝わってきて、大いに勇気づけられた。

道南の地に、この「発達障害を考える会」のような場があって本当によかったと思う。

札幌で発達障害を学ぶ

6日の日曜日に、札幌で、発達障害、ADHD(注意欠如多動性障害)に関する学習会があり、参加してきた。行き帰りに、HAC(北海道エアシステム)の飛行機を使った。

sapporo1 sapporo2
ちょっと素敵な風景に出会う。

学習会は、発達障害に対する基本的な考え方から、実際の症例の報告、地域ぐるみの実践の報告と多様な内容であった。外来では、障がい特性を持った子を含めて様々な子どもたちと出逢う。あらためて、基礎から学び直し、知識の整理ができた。

特に、最初の講演に強い感銘を受けた。保護者への心理社会的対応の基本と、教諭・保育士への心理社会的対応の基本をしっかり整理してくれた。保護者に対しては、対応の目標が「養育意欲の回復・維持」にあるということを明言した。そして、そのために障害の一般的な説明にとどまらず、目の前の子どもの行動の理解と対応の仕方を具体的に伝えることが大切だという。そして、教諭・保育士にたいしても、対応の目標を「教諭・保育士の不安の軽減」におく、とくにこのままでは小学校に行ったら大変という思いに寄り添うことだという。

結局「子どもの非定形発達特性を理解し」、「特別の努力を要求しないで」、「子どもが少しでもできるように」、「周囲が色々な工夫をすること」とまとめられていた。特に「子どもが楽しかった、自分もできた、と感じられるようにしてあげること」を強調されていた。

まさに、うちのクリニックでやっていることだと思った。うちは発達障害を専門にしているわけではない、多くは定型的な発達の子どもたちの一般的な病気を見ている。どちらかというといきしぶりや心身症的な症状を出している子たちを丁寧に見ている。その中で大切にしていることは、子どもたちが日々「人々は仲間だ」「自分には能力がある」と感じられるような援助をしていくということだ。障害を持っていても・持っていなくても、病気があっても・なくても、生きづらさを感じていても・感じていなくても、人が生き生きと前向きに生きていくための援助は共通していると思う。

あらためて、自分たちのクリニックの方向性を確認できた。まだまだうちのクリニックではやれることがある、やりたいことがあるということを実感できた学習会であった。


気を引き締めて

救急の研修が無事終了。最後に実技と筆記の試験があり、ともに合格。PALS プロバイダーの資格を取得した。

朝早めに出たのに、駅から会場までのバスが止まり、積雪の中を45分かけて歩いた。他の受講者やインストラクターも一緒で、絆も深まる。インストラクターの一人は昨夜と今朝、片道3時間かけて家まで往復したという。昨晩車の中で夜を明かした受講者もいた。悪天候で苦労したが、それだけ価値のある貴重な資格になったと言える。

クリニックに帰ってから、学んだことをスタッフにもシェアし、気を引き締めて日々の診療にあたろうと思う。

写真は歩いている途中の風景。

道路の雪がすごい。これならバスも止まるね。


ちょっと風流なお寺。


やっぱり都会でも子どもたちは元気だ。
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム