FC2ブログ

アトリの群れ

これは、2月6日のこと。
クリニックの裏庭に、小鳥の群れがやってきた。色とりどりできれい。でも、ここら辺ではお目にかからない小鳥たち。
さっそく、野鳥図鑑を調べてみた。アトリだ!
小鳥1 小鳥3

初めて、遭遇する群れ。一生懸命、雪の上に落ちたヒバの実のかけら?をついばんでいる
小鳥4 小鳥5

木の上の方が写りがいいかな。
小鳥7 小鳥8 

ちょっと大きな個体が・・・でもこれはツグミ。まるで、アトリ達の親のように見える
小鳥6

ヒヨドリも飛んできた。
小鳥2 
スポンサーサイト



銀色の世界

今年は、雪が少ないなと思ったら、12月になってから、例年通りの冬模様となった。
少し遅くなったけど、12月13日に撮ったの雪景色をアップしておこうと思う。
やっぱり、はるまち館には雪景色が似合う。

雪景色1 雪景色2

雪景色3 雪景色4

雪景色5 雪景色06

秋深まる

秋が深まってきた。右も左も秋の色。

秋深まる1 秋深まる2

秋深まる3 秋深まる4

秋深まる5 秋深まる6

秋深まる7 秋深まる8

秋深まる9 秋深まる10

秋深まる11 秋深まる12

秋の深まり

急速に秋が深まってきている。一方でアサガオやヒマワリも咲いているところが、北海道らしい。クリニックの駐車場に、「ヤマハハコが咲いている」とスタッフが教えてくれた。函館山で見たことがあるという。「なんでこんなところに咲いているのかな?」「それは函館山によく言うあなたにくっついたきたんじゃない?」と答えておいた。秋らしい雑草が咲いている。

ヤマハハコ
2020秋の気配1 2020秋の気配2

ヒメムカシヨモギ
2020秋の気配4 2020秋の気配3

ヒマムカシヨモギ             ブタクサ
2020秋の気配5 2020秋の気配6 

夏の終わりか、秋の始まりか?

雑草探検隊~秋の始まりと思ったけど、まだ夏が続いている。「雑草なんて無いのにな」とタンダ(守り人シリーズの登場人物、ちなみに私はタンダのファン)なら言いそう。そう、「雑草」と言われるちょっとした草花にも、ちゃんと名前がついている。名前を知ると、なんだかとっても身近になって、「ざっそう」ではなく「あらぐさ」と読んでいきたい。

ケイヌビエ~アキアカネが一休み、毛のように見えるのはおしべかな
ケイヌビエ ケイヌビエ2

ヒメシバ~なんとなくかわいい。     エノコログサ~おおっきい、肥料がいいのかな。
ヒメシバ エノコログサ 

ヒマワリ~まだ夏だなという感じ。朝日に向かって・・・
ヒマワリ ヒマワリ2

こちらは、ミントの花
ミント
最新記事
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム