年末研修会

毎年恒例になった年末の院内研修会。学習会係のお仕事でもある。ベテランさんが計画して、若手が工夫して研修会を作る。

前半は、先日行われた「小児救急医療研修会」に参加したスタッフからの伝達講習。最若手のナースが、自分の学んだことの中で、クリニックに生かせることをまとめて報告。YouTubeの映像を効果的に取り入れて、わかりやすく伝達してくれた。

また、講習の中で教えてもらった、子どもの事故防止の啓発のサイトをみて、これは使えると今回の講習のもう一つの柱に。別の若手スタッフが助手となって、サイトを見ながら、みんなで参加するクイズ形式の勉強会となった。若手二人の息の合った協力ぶりが印象的であった。教えることは学ぶこと、二人にはとても良い学びになったものと思う。
年末研修1 年末研修2

後半は、危険予知トレーニングKYTの講習会。これは、夏の外来小児科学会のワークショップで学んできたスタッフが担当する。以前に一度、時間をとって実地研修行った(ブログに報告してなかった(汗))が、その続き。
年末研修6 年末研修5

最初にちょっとしたアイスブレーク。ヒューマンエラーを起こす機序を追体験するゲームだ。そして、二つのグループに分かれ、待合室に潜む危険についてグループで話し合う。いくつか出してから、今回取り上げる重要課題を選び、それに対する具体的な対策を考える。
年末研修3 年末研修4

2階の研修室で話し合うだけでは、物足りず、現場に行って検討してみようと、二つのグループとも、待合室に降りて行って検証する。片方は自動ドアに手が挟まれる危険、もう一方は受付のスイングドアにぶつかったり、寄りかかって倒れたりする危険について検討する。
年末研修7 年末研修8

対策も複数考え、明日から実行できる対策を選び、それを思い起こすための指差し呼称の合図を決めた。

こうして、みんなで話し合い、対策を目に見えるものにし、実行していく。これを繰り返すことにより、スタッフの危険に対する意識を高め、より安全な職場に成長していくことがねらいだ。



スポンサーサイト

発達障害学習会

今年3回目の発達障がい学習会。発達障害者支援センターの高橋実花先生をお招きしての学習会。今回のテーマは、「社会性の特徴」について。

学習会20161208

はじめに、「社会性」のお話があった。「社会性」とは、「他人との社会的な距離をとり、それにあわせて適切に行動する能力」を言う。もう少しくだけていえば、「すべての人と仲良くすること」ではなく、「人にひどく嫌われることがないようにできること」なのだという。とても印象的なお話であった。ともすれば、私たちは、障害のあるなしにかかわらず、子どもたちに過大な目標を持たせすぎているのかもしれない。

自閉症の人たちは、社会性に特性がある。たとえば、人に関心がない、またはありすぎる。人との会話が一方的。相手によって接し方を変えることが苦手など。そこで、大切なのは、人とのかかわりの’量’ではなくて、’質’に注目すること。人と適切な距離がとれ、一人で意味のある時間を過ごすことができるのも大切なことだ。

そして、具体的な支援のポイントをお話してくれた。まずは、①「理解」:認知の仕方が違うことを知り、対人スキルが不得意であることを認める。②「教育」:人とのかかわりに関する成功体験をつんでもらう。このときわかりやすい環境設定が大切。③「予防」:誤った対人行動や知識を見につさせないようにする。

「教えることはいっぱいあるが、まず、安心できること。安心できて理解しやすい環境を作ることが何よりも大切なのだ」ということを強調されていた。

後半は、普段私たちがかかわっている事例にそって、スタッフの悩み、疑問に答えていただく。いつもながら、子どもを見る視点があたたかい。そして、スタッフに対しても、あたたかく励ましてくれる。こうして事例検討を積み上げることで、ますます、クリニックの対応力がアップしていくものと思う。




発達障害について学ぶ

今年も発達障害者支援センターあおいそらの高橋実花先生に来ていただき、定例の学習会を行っている。

今回は、その2回目。テーマは、「コミュニケーションの特性について」。あらためて自閉症スペクトラムの人たちのコミュケーションについて学んだ。

mika2

mika1

自閉症スペクトラムの子どもたちは、「表出」「理解」「ボディランゲージ」それぞれに苦手があり、同時に「コミュニケーションの意欲」に関しても苦手がある。

ここからのお話が良い。見方を変えると、「理解できない言葉の渦の中でけなげに頑張っている」のだし、「覚えた言葉やコミュニケーションの方法は『正確に』使いたい、というまじめさ・几帳面さのあらわれ」であり、「消えてしまわない指標があったら、わかりやすい」のだ。そういう風にとらえていくと、援助の方向が見えてくる。

◯◯ができないから困るではなく、特性をこちら側がどうとらえ、どう工夫するかという問題なのだ。だから、実花先生のお話しは、いつも温かい。

後半は、診療や保育の中で経験している実際の事例をもとに、どんな風に援助していくのかアドバイスをもらう。子どもたちの話をするとき、しかめ面ではなく、いつも笑顔でお話してくださる。まるでそこにいる子がいとおしいかのように。

事例検討の後は、私たちも温かい気持ちになり、子どもたちに笑顔で接することができるように思う。

障がいについて学ぶ

今年度も、発達障害者支援センターあおいそらの高橋実花先生に来ていただいて、院内の研修会を企画している。その第1回を行った。

発達学習会

昨年、講義だけではなく、こちらから事例を提示して、対応や働きかけかたについてお話しをしていただいた。それがとてもわかりやすく、日常診療にとても役に立ったので、今年は4回とも毎回講義と事例検討をやることにした。

最後の方で、事例検討とは別に、一人のスタッフがつい先日ある子どもと関わって気になった事を話してくれた。実花先生のお話しの中の「キーパーソンが必要」というお話しにひきつけて、うちのクリニックに来て、気軽に話せるすたっふがいるということが、実はとても大切なことなのだとあらためて実感することができた。

この研修会が、知識を整理し、スタッフ同士で情報を共有し、対応の方針を一致させるだけではなくて、スタッフの頑張りやすてきなところが見える貴重な場になっている。

障がいのある子どもの保護者と関わる

25日、高橋実花先生を招いての発達障害を学ぶ院内研修会、その9回目、今年度最終の会を行った。

研修

まずは、クリニックでかかわった事例を出して、皆で一緒に考える。この事例検討を通して、うちのクリニックスタッフの力がめきめきとアップしたのを感じた事例検討会となった。看護師、保育士、事務の職種の枠を越えて、みんなで協力して対応していることがよくわかる。

みんなの感想にもあったが、こうして事例検討をすることで、スタッフみんなが共通の認識に立ち、情報を共有できることがとても重要だと思う。

後半は、「障がいのある子どもの保護者と関わる」と題して、前回にお話しいただいものの続きを話していただいた。「保護者の話を聴き、理解しようと努力する」「支援者としての実力をあげる」「連携する」ことが大切。「保護者自身の人生は保護者自身は自分で決める、私たちはそのための情報を伝える役割である」など、当たり前のことのようで、忘れてはいけないことをあらためて整理していただいた。最後に、支援者自身のメンテナンスが大切というお話もあった。「できない自分を責めない」「仕事は一人で抱えない」「プライベートの時間を充実させ休息はしっかり取る」、心していこうと思う。

一年間を通して発達障がいに関して学んできた。初めての取り組みであったが予想以上に大きな成果があったと思う。来年度も、ぜひ、この学習会を続けていきたいと思う。
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム