FC2ブログ

新たな気持ちで

61回目の誕生日。
たまたま、二胡のレッスンの日であった。
たまたま、ゆめ先生のミニコンサートつきのれっすんであったのだが、
その中で、「君をのせて」をプレゼントしてくれた。

2020誕生日1

そして、二胡の仲間たちがささやかなお祝いをしてくれた。
こういうこぢんまりした会もまたいいなと思う。
2020誕生日2

2020誕生日3
スポンサーサイト



あけましておめでとうございます

みなさま、あけましておめでとうございます。

2020年正月

元旦に、いった三嶋神社のおみくじは、末吉でした。

 長閑(のどか)なる
  春の野中を
   家人(いえびと)と
 心安けく
  行く心地かな

おかげさまで、昨年無事還暦、そしてクリニックも十周年を迎えることができました。
今年はねずみ年、一回りするので、一からスタートするつもりで、初心を大切にしていこうと思います。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2020年年賀

あけましておめでとうございます

元旦のご来光、仰ごうと思ったけれど、あいにくの曇り空。少し昇ってから、木の間から日が差した。
どうか、今年もよい年でありますように。

正月1

正月の縁起物。

玄関の注連飾り
fc2blog_20170101153309de5.jpg

朝散歩して、近くの神社にお参りする
fc2blog_20170101153407e8b.jpg

我が家のお雑煮
fc2blog_2017010115345009b.jpg

今年のえとにちなんだお菓子
fc2blog_20170101153525393.jpg

正月は家で待ったり過ごす。


おおつごもり

今年最後の一日。昨日の休日当番の疲れが残っていて、ちょっとだけ、家の片付けをして、割合ゆったりとすごす。何とか年賀状を書き終えて、投函してきた。

夜の雪

昨日の休日当番は大変だった。15時までの受付で、最後の患者さんを見たのは17時半を過ぎていた。年末年始の当番はいつも大変だが、今回はインフルエンザがはやっているのに加えて、急性胃腸炎、溶連菌感染症、水痘、おたふくまで流行っている。年末の忙しいときに、子どもが具合が悪くなるのは大変なことと思う。道南地域で、小児科の休日当番は1軒のみ、そこに集中するから待合室に患者さんがあふれる。待っているほうも大仕事だ。少しでも、病気が回復して、よい正月を迎えられるといいなあと思う。

たくさんの患者さんを診た割りに、比較的早く終えることができたのではないかな。これも、スタッフのチームワークがよかったからこそなせる業だ。忙しいときこそ、受付でのていねいな対応、待合室でのトリアージ(重症かどうかを見分けて、必要な人へす早く対処する)、そして、診察終えた後のフォローと、医者よりもまわりのスタッフの動きが決定的に重要になる。今のスタッフは、忙しく動き回りながら、お互いに声をかけあい、協力し合って、ひとつひとつの仕事丁寧にこなしていく。まさに、「人々(スタッフ)は仲間だ」「自分には能力がある」の実践だ。

当初の時間を大分超えてしまったが、みんな最後まで、嫌がらずに働いてくれた。家での役割もあっただろうに、それぞれ、家族に連絡して、協力してもらっていた。クリニックが今あるのも、支えてくれる家族があってこそだと思う。

本当にありがたいことだ。終わりよければすべてよし、年末の最後の最後まで、がんばって働いたから、2016年は本当によい年であったと言える。来年もよい年でありますように。

ナノパズルに挑戦

ふと手にとって見たナノパズル。昔取った杵柄、プラモデルに熱中したころを思い出して、挑戦してみた。部品が細かい、さすがに裸眼では組み立てられず、拡大鏡の力を借りて、ようやく完成した。

とんぼ1

とんぼ3

とんぼ4

実に精巧にできている。

続きを読む

最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム