はるまちキッチン、プレオープン

いよいよはるまちキッチンが稼働した。まだ、スタッフが慣れていないので、プレオープンということで、あまり宣伝せず、当面はお惣菜のみ販売する。

今日のお惣菜
全種盛り
上段左から
・厚焼き玉子
・みょうがのマヨネーズ和え
・かぼちゃのサラダ
中段左から
・ピーマンの炒め物
・鶏肉の南蛮漬け
・大豆のうす甘煮
下段左から
・キャベツのコールスロー
・みょうがの味噌漬け
・おから炒り

個別にも売っていて、上の9品盛りで、800円(税別)・・・これの他に、デザートとしてミニトマトの寒天寄せ(別売り)

とても、素敵な出来栄えだ。スタッフの発案で、試食ランチも用意した。今日のお惣菜少しずつに、ご飯と味噌汁(お味噌は、こだわりの手作り味噌)をつけて、500円(税別)で食べてもらう。「気に入ったら買って下さい」という設定。

試食ランチ

我田引水ながら、とてもおいしく出来ていると思う。見た目もとってもきれい。

今日のオープンに合わせて、ショップカードと、はるまちキッチンからのお知らせ(今日の総菜のメニューと2か月分の予定が書いてある)も用意した。これもなかなか素敵な出来栄え。

ショップカード キッチンおしらせ

今日のお客さんは、ほとんど知り合いばかり。その中で、通りがかりに寄ってくれた方もいらっしゃった。ありがたいことだ。

さて、明日は休みで、明後日また開店する。たくさんお客さんが来ますように。

スポンサーサイト

8周年を祝う

9月15日、8回目の開院記念日だった。午後からクリニックをお休みさせていただいて、スタッフと、日ごろお世話になっている方々に来ていただき、食事会を行った。

思い返すと、この半年は、はるまち館の開館準備に追われた1年であった。その中で、スタッフも全面的に協力してくれて、無事ここまでやってこれた。あらためて、感謝の気持ちでいっぱいだ。

8周年1 8周年2

食事会の中で、先日の「らくせいしき」の時に撮った動画を編集して、みんなに見てもらった。編集の時に何度も見たが、何度見ても、とてもすばらしい「らくせいしき」だったなあと思う。誰かが言っていたが、はるこどもクリニックらしい「らくせいしき」だったと。本当にそう思う。子どもたちがどたばたと走り回っているのをみんなが自然のこととつぃて受け止め、ゲームをしたり、歌を聴いたり、ハンバーガーを食べたり、子どもも大人も一緒になって、楽しんでいる感じがよく出ている。
8周年3

スタッフから贈り物をいただいた。これまで、クリニックで作ったオリジナルの冊子に色を付けて大きくしたものだ。手づくり感あふれながら、とてもきれいに仕上がっている。こういうスタッフたちと一緒に仕事できるのをとてもうれしく思う。
8周年4

スチールパンのミニライブ&体験会

はるまち館で、ミニライブ&体験学習やります。

スチールパン

日程:9月25日
時間:18時~19時
場所:はるまち館1階ホール
参加費:大人800円、子ども300円
    (親子セット 1,000円)
出演者:山村誠一

山村さんってどんな人?詳しくは、山村誠一HPで見てください。

ライブとスチールパンの体験ができます。
ぜひ、遊びに来てください。

参加申し込み Fax0138-65-0505(はるこどもクリニック)
お問い合わせ 090-8373-3524(東海林まで)

プレパレーションについてあらためて学ぶ

ワクチン接種の際、診察室で初めて知らされて、大泣きする子がいる。私たちとしては、事前にお話しして来てから、病院に来てほしいと思う。

ワクチン以外にも採血や点滴など、子どもに負担をしいる処置がある。そんな時に、ごまかすことなくきちんと子どもに向き合い、どうしてこの処置をするのか、どのような手順でするのかをわかりやすいように説明してから、処置に向かう。

それをプレパレーションと言う。

以前に、外来小児科学会で、うちのクリニックのプレパレーションの考え方のまとめを報告した。それ以降、スタッフの入れ替わりもあったので、あらためて、みんなでプレパレーションの必要性について確認する学習会を行った。



事前に説明すると、納得してがんばれる子もいる。泣くけど暴れないでやれる子もいる。それでも、やっぱり泣いたり、暴れたりする子もいる。プレパレーションは、子どもを泣かさないことが主要なポイントなのではない。きちんと説明を受けることで、自分が大切にされているのだと感じること、そして終わったあとにお母さんや周りの人に「大変だったけど頑張れたね」と言ってもらい、すこしでも誇らしい気持ちにむかってもらうことが大切だ。

つまり、「人々は仲間だ」「自分には能力がある」と感じてもらうため。まさに、勇気づけのためのプレパレーションと言える。

名残りおしき夏

ちょっぴり遅いけど、はるっこの庭のアサガオが満開だ。足早に秋はやってくるが、かろうじて夏が踏みとどまっている。

ひまわり1

ひまわり2
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

はる

Author:はる
北海道七飯町で小児科クリニックを経営。子どもたちのこころとからだの豊かな成長を願って、日々の診療、子育て相談、講演会活動を展開している。

名前:高柳滋治
仕事:はるこどもクリニック院長
   病児保育所はるっこ所長
趣味:アドラー心理学を学ぶこと
   草花の写真を撮ること
好きな言葉:
”今日は残りの人生の最初の日”

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アルバム
RSSリンクの表示
検索フォーム